FOLLOW US

移籍後初先発のトーレス、J初得点はまたもお預け…鳥栖は磐田とスコアレスドロー

サガン鳥栖とジュビロ磐田の一戦はスコアレスドローに終わった [写真]=J.LEAGUE

 明治安田生命J1リーグ第18節が28日に行われ、サガン鳥栖ジュビロ磐田が対戦した。

 鳥栖では話題を集める元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが移籍後初めてとなる先発メンバー入りを果たしたことに加え、24日に鹿島アントラーズから電撃加入したFW金崎夢生も早速スタメンに名を連ねている。対する磐田は川又堅碁や山田大記といった面々が先発出場し、中断明け後初となる白星を目指す。

 前半はトーレスが2度ヘディングでゴールを狙うシーンがあったが、互いに大きな決定機を作り出すには至らず。試合はスコアレスのまま折り返した。

 後半に入ってからは両チームともに質の高いチャンスを生み出していったものの、互いにゴールネットを揺らすことはできないまま。トーレスはディフェンスラインの裏に抜け出してループシュートを放ち、あわやというシーンを作ったものの、79分に豊田陽平と交代でピッチを後に。移籍後2試合目となるこの試合でも、Jリーグ初ゴールはお預けとなっている。

 試合は0-0のまま終了。次戦、鳥栖は8月1日にアウェイで清水エスパルスと、磐田は同日にホームでガンバ大阪とそれぞれ対戦する。

【スコア】
サガン鳥栖 0-0 ジュビロ磐田

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA