2018.07.19

横浜FMがセルビア人DFを獲得…W杯で日本サポーターの“ごみ拾い”に感銘

ドゥシャン・ツェティノヴィッチ
横浜FMがドゥシャン・ツェティノヴィッチを獲得した [写真]=Icon Sport/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 横浜F・マリノスは19日、RCランス(フランス2部)からセルビア人DFドゥシャン・ツェティノヴィッチが完全移籍で加入することを発表した。メディカルチェックを経て、正式契約となる。

 加入決定に際し、ドゥシャン・ツェティノヴィッチは横浜FMのクラブ公式HPでコメントを発表。意気込みを述べている。

「まず初めに、横浜F・マリノスでプレーする機会を与えていただいたことに感謝します。今回の話を聞いたとき、日本に来て素晴らしいクラブでプレーすることに対する迷いはありませんでした。フランスのRCランスでの時間も素晴らしいものでしたが、この新しいチャレンジに対して準備はできています」

「Jリーグはフットボールのレベルが高いことで知られています。ワールドカップでの日本の戦いを見て、日本代表が素晴らしいチームだと思いました。ラウンド16で敗退したことはとても残念でしたが、フットボールの質と選手たちのメンタリティにとても感銘を受けました。誠実でとても勤勉で粘り強い日本人選手の特徴は、私の性格と通じるところがあり、Jリーグでプレーすることは私に非常にあっていると思います」

「日本のファン・サポーターはコロンビア戦のあと、自分たちの使用したエリアを綺麗な状態に戻すという素晴らしい事例を世界中に示しました。このような光景をフットボールの世界で見たことがありません!これは普通では考えられないことで、日本の偉大なメンタリティを示しました。私は日本が妻と息子にとっても最適な場所であると確信しています。日本の文化に触れることがとても楽しみです」

「横浜F・マリノスでプレーする機会を得られたことをとても誇りに思います。 チームに合流することが楽しみでなりません。フランスのプレシーズンではとてもハードにトレーニングを積んできました。ファン・サポーターの皆さんとスタジアムで会うことを楽しみにしています。私はいまとても素晴らしい気持ちですし、F・マリノスでの新たなスタートを待ちきれません」

 ドゥシャン・ツェティノヴィッチはセルビア出身の現在29歳。これまではセルビアやスイスなど、5カ国7クラブでプレーしてきた経験を持つ。

 横浜FMでは、6日にオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクがレッドスター(セルビア)へ完全移籍していた。ドゥシャン・ツェティノヴィッチには、デゲネクの穴を埋める活躍が期待される。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る