FOLLOW US

J2最下位・京都が前線補強…タイクラブから大久保剛志がレンタル加入

京都加入が決まった大久保剛志(写真は山形時代のもの) [写真]=J.LEAGUE

 京都サンガF.C.は15日、PTT Rayong FC(タイ)からFW大久保剛志を期限付き移籍で獲得したと発表した。期限付き移籍期間は2018年12月31日まで。

 加入に際し、大久保は京都のクラブ公式HPでコメントを発表。ファン・サポーターに挨拶した。

京都サンガF.C.のサポーターの皆様、初めまして大久保剛志です。このたび京都サンガF.C.に加入する事ができ、大変光栄です。この感謝の気持ちを胸に、京都の勝利の為に精一杯戦います。そして、サポーターの皆様と喜びを分かち合えるよう、日々全力を尽くしていきます。応援宜しくお願い致します」

 大久保は1986年6月14日生まれの現在32歳。2005年にベガルタ仙台ユースからトップチームへ昇格し、プロキャリアをスタートさせた。その後はソニー仙台FC(JFL)、モンテディオ山形に在籍し、2014年よりタイのクラブでプレーしていた。通算では、J2で11試合出場2ゴール、JFLで115試合出場42ゴールの成績を残している。

 京都はここまでJ2リーグ戦21試合を終え、4勝4分け13敗の勝ち点「16」で最下位に沈んでいる。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA