FOLLOW US

J1首位の広島、ベサルト・ベリーシャ獲得…豪州1部で100得点超の長身FW

豪州で得点を量産してきたベサルト・ベリーシャ [写真]=Getty Images

 サンフレッチェ広島は29日、コソボ代表FWベサルト・ベリーシャがメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)から完全移籍で加入することが決まったと発表した。背番号は「16」。

 ベサルト・ベリーシャは1985年生まれの32歳。身長184センチメートルの長身FWで、2003年にテニス・ボルシア・ベルリン(ドイツ5部)でプロキャリアをスタートさせた。以後はハンブルガーSVやオールボー、ホーセンス(ともにデンマーク1部)、バーンリー(イングランド2部)、ローゼンボリ(ノルウェー1部)、アルミニア・ビーレフェルト(ドイツ2部)と欧州各国のクラブでプレーした。

 そして2011年からは、オーストラリアのブリスベン・ロアーやメルボルン・ビクトリーでプレー。同国1部リーグでは通算171試合に出場し、106得点を挙げた。また、2006年から2009年までアルバニア代表として17試合出場1得点、昨年はコソボ代表として1試合出場を記録している。

 広島加入にあたり、ベサルト・ベリーシャは以下のようにコメントしている。

サンフレッチェ広島でプレーする機会を得ることができ、とてもうれしく思います。豊かな歴史と素晴らしいファンを持つクラブで、城福監督のもとで働くこと、新たなチームメートに会えることも楽しみにしています。サンフレッチェが多くのトロフィーを勝ち取ることに貢献し、多くのゴールを決めてファンの方々と喜び合いたいと思います」

 広島は今季、明治安田生命J1リーグ第15節を終えて12勝1分け2敗の勝ち点「37」で首位を快走。次戦は7月11日、天皇杯3回戦で名古屋グランパスと対戦する。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA