FOLLOW US

FC東京、吉本一謙が福岡に期限付き移籍「チャレンジすることが必要」

福岡への期限付き移籍が決まった吉本一謙 [写真]=J.LEAGUE

 FC東京は22日、DF吉本一謙アビスパ福岡に期限付き移籍することを発表した。期限付き移籍期間は2018年6月22日から2019年1月31日まで。契約により期限付き移籍期間中にFC東京と対戦するすべての公式戦には出場できないことも併せて発表されている。

 移籍決定に際し、吉本はFC東京のクラブ公式HP上でコメントを発表。決意を述べた。

「今年は試合に出てプレーで貢献することがなかなか出来ず、こうして選手会長というチームをまとめる立場でシーズン途中に移籍することについて、申し訳ない気持ちでいっぱいです。東京のアカデミーに12歳で入ってから、背番号4番でキャプテンマークを巻いてシャーレを掲げることが夢だった自分は、東京で優勝したい気持ちが強くありました。こうして優勝を狙える順位の中で移籍することを本当に悩みましたが、今の自分にはチャレンジすることが必要だと思い、決断しました」

「東京に在籍したこの期間、誰よりも東京を、そしてグランドがある地元・小平を愛していた自信があります。今回、期限付き移籍しますが、東京が、サッカー選手としてはもちろん一人の人間として僕を育ててくれたクラブであることは永遠に変わりません。そんな人生の半分以上を共に歩んできた愛する東京がリーグ優勝することを心から願っています。ファン・サポーターのみなさま、関係者のみなさま、怪我をして苦しい時や本当につらい時も支えていただき、ありがとうございました」

 また、同選手は新天地となる福岡のクラブ公式HPにもコメントを寄せ、ファン・サポーターに挨拶した。

FC東京から期限付き移籍加入した吉本一謙です。今まで自分が経験してきたことの全てをアビスパ福岡のためにささげ、アビスパ福岡、ファン・サポーター、福岡の街を愛し、みなさんに愛される選手になれるよう体を張って熱く戦います。応援よろしくお願いします」

 吉本は現在30歳。FC東京の下部組織出身で、2007年にトップチームへ昇格した。2009年8月から2010年まではFC岐阜に、2012年8月から同年12月までは水戸ホーリーホックに期限付き移籍した経験を持つ。2018明治安田生命J1リーグではこれまで出番がなく、2018JリーグYBCルヴァンカップで5試合に出場したのみだった。通算ではJ1で65試合出場1得点、J2で46試合出場3得点、J3で17試合出場0得点を記録している。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA