FOLLOW US

G大阪DF菅沼駿哉、左外傷性腎損傷…フル出場の横浜FM戦で負傷

ガンバ大阪が菅沼駿哉の負傷を発表

 ガンバ大阪は22日、DF菅沼駿哉が左外傷性腎損傷と診断されたことを発表した。同選手は12日に行われた明治安田生命J1リーグ第14節の横浜F・マリノス戦で負傷した。

 菅沼は1990年生まれの28歳。G大阪の下部組織出身で、2009年にトップチームへ昇格した。2011年からはロアッソ熊本、ジュビロ磐田、京都サンガF.C.でプレーし、昨季はモンテディオ山形へ完全移籍で加入。明治安田生命J2リーグで全42試合中40試合に出場した。そして今季開幕前、G大阪へ完全移籍。古巣復帰を果たした。

 今季は明治安田生命J1リーグ第15節終了時点で2試合に出場している菅沼。負傷した横浜FM戦はフル出場を果たしていた。

 G大阪は今季、明治安田生命J1リーグ第15節を終えて4勝3分け8敗の勝ち点「15」で16位となっている。

Jリーグ観るならDAZN!
期間限定2カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA