2018.05.11

【清水vs湘南プレビュー】公式戦3連敗中の清水はホームで仕切り直し…湘南は今季初の逆転勝利で勢いに乗る

清水にとって、リーグ前節の鳥栖戦をけがで欠場したFWクリスランの復帰は心強い [写真]=J.LEAGUE
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■清水エスパルス 前節欠場のクリスランが戦列に復帰

【プラス材料】
 2連勝の後、アウェイで連敗してホームに帰ってくるが、前回のホームゲーム・柏戦でリーグ戦では約8カ月ぶりのアイスタでの勝利を挙げているため、無用な重荷が取れてホームアドバンテージを得やすくなるだろう。ルヴァン杯を含めれば公式戦3連敗している中でも、けっしてチャンスが作れていないわけではなく、どのゲームも相手より先にチャンスを決めていれば流れは大きく変わっていただろう。その意味では、アイスタ独特の圧力が相手のプレッシャーになり、自分たちの後押しになれば、自ずと勝機は増えるはずだ。

 また先週の2試合では疲労の影響とも思えるミスが目立ったが、今回はリーグ戦組は1週間のインターバルで臨むことができる。鳥栖戦をけがで欠場していたFWクリスランが復帰したこともプラス要素だ。

【マイナス材料】
 9日のルヴァン杯・磐田戦にも敗れて公式戦3連敗(すべてアウェイ)。試合内容や守備組織が大崩れしているわけではないが、決定機を決めきれず、逆に相手には限られたチャンスを決められ、微妙な判定に泣いた場面もあって、運気という意味でも流れが悪くなっている。選手の調子という面でも、攻撃陣に当たりが止まっており、守備陣にも個人のミスが目立ち始めている。

 リーグ戦組は9日のルヴァン杯に出場せずにコンディションを整えてきたが、湘南は前から精力的にプレッシャーをかけてくるので、そこでミスが多くなると一気呵成のカウンターを食らって、失点のリスクも増える。ミスを減らして確実にパスをつなぎ、主導権を握れるかという部分も不安要素の一つであり、勝敗を左右する大きなポイントにもなるだろう。

文:totoONE編集部

■湘南ベルマーレ カップ戦では今季最多タイ4得点で逆転勝利

【プラス材料】
 自分たちらしい躍動を前半攻守に示せなかった前節の仙台戦を踏まえ、中2日で行われたルヴァン杯・神戸戦では立ち上がりから持ち前の走力を傾け、球際で上回った。オウンゴールで先制を許したものの、落ちることなく追いつき逆転し、後半相手の追撃に遭うも失点後すかさず得点を奪い返した。結果、今季最多タイの4得点を挙げ、アウェイで貴重な勝ち点3を持ち帰るとともに、プレーオフ進出に向けて踏みとどまった。MF梅崎司に加入後初ゴールが生まれたことも喜ばしい。

 先制されながら逆転勝利を収めたのは今季初めてのことだ。何より90分を通して湘南のベースであるひたむきな姿勢を全員で表し、内容を結果に繋げたこの一戦の意義はチームにとって大きい。週末のパフォーマンスにもきっと反映されるに違いない。

【マイナス材料】
 プラス材料で触れたとおり、湘南は前節の仙台戦、立ち上がりから出足で後手を踏み、球際やセカンドボールも相手に上回られた。前々節の柏戦同様に試合開始間もなく先制を許し、前半のうちに追加点を奪われ、いずれも後半盛り返しながら2連敗を喫したのだった。

 複数失点はこれまで、リーグ戦で5試合、ルヴァン杯でも3試合と少なくない。湘南は攻撃的なサッカーを志向するチームではあるが、先に2点のビハインドを背負うと難しい展開に持ち込まれてしまうため、試合開始15分はとくに注意したい。

 今節対戦する清水との通算対戦成績は7勝3分17敗と大きく負け越している。加えて清水のホームでは3勝1分11敗と分が悪い。思えば、2010年に降格が決まったのもこのスタジアムだった。過去の負の記憶も含めて今節覆したい。

文:隈元大吾

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る