FOLLOW US

横浜FMvs川崎の“神奈川ダービー”はドロー決着…今季初出場の齋藤学には古巣サポから大ブーイング

2018.04.08

横浜FM対川崎の1戦は激しいぶつかり合いとなった [写真]=J.LEAGUE

 明治安田生命J1リーグ第6節が8日に行われ、横浜F・マリノス川崎フロンターレが対戦した。

 先にチャンスを掴んだのは川崎だった。11分、知念慶が味方からのスルーパスに反応し、ミロシュ・デゲネクと入れ替わってペナルティエリア内に進入。GKとの1対1になり右足を振り抜いたものの、シュートはゴール右のポストに当たってしまい、先制点とはならなかった。


 さらに18分、阿部浩之がゴール前へ上げたクロスに、オフサイドラインぎりぎりで抜け出した家長昭博が右足で合わせるが、うまくミートさせることができず、ネットを揺らせない。

 攻め立てていた川崎が、ついにチャンスを掴む。58分、敵陣中央でボールを持った大島僚太から、右サイドに広がった阿部がボールを受け、ダイレクトでGKとDFの間にクロスを送る。中で待っていた家長のシュートはポストに阻まれるものの、跳ね返ったボールがGKにあたってゴールに吸い込まれた。

 すかさず横浜FMの反撃。61分、右サイドからのCKから、中澤佑二がヘディングシュートを放つと、ボールがエウシーニョに当たって軌道が変わり、ネットを揺らした。

 勝ち越し弾を狙いたい川崎は77分、横浜FMから川崎に今冬移籍し、ケガから復帰した齋藤学をピッチに送り出したものの、古巣のファンからは激しいブーイングが飛んだ。

 両チームともゴールに何度も迫るものの、ネットは最後まで揺らせず。試合はこのまま終了し、熾烈を極めた“神奈川ダービー”はドロー決着となった。

【スコア】
横浜F・マリノス 1-1 川崎フロンターレ

【得点者】
0-1 58分 家長昭博(川崎)
1-1 61分 中澤佑二(横浜FM)

【PR】欧州の強豪が来日!
EUROJAPAN CUP 2024チケット販売中!!

7月24日、EUROJAPAN CUP 2024でセレッソ大阪とボルシア・ドルトムントが対戦する。ボルシア・ドルトムントは7年ぶり4回目の来日だが、関西で試合を行うのは今回が初めてだ。また、迎え撃つセレッソ大阪には、かつてボルシア・ドルトムントでプレーした香川真司が在籍中。今夏注目の“夢の邂逅”を見逃すな!

  1. 今夏のアジアツアーにおいてボルシア・ドルトムントが日本で行う試合はこの1戦のみ
  2. お求めやすい価格設定! (例:カテゴリー5自由席 大人6900円・小中2500円)
  3. かつてボルシア・ドルトムントで活躍した香川真司が“古巣戦“に挑む!

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO