2018.04.06

【G大阪vs神戸プレビュー】藤春、今野が欠場濃厚のG大阪は選手層に不安…神戸は守備面が勝ち点上積みのポイントに

ルヴァン杯の名古屋戦で、1人で4得点を挙げたG大阪のFW長沢駿。リーグ戦でも爆発できるか [写真]=J.LEAGUE
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■ガンバ大阪 リーグ未勝利が続くも、コンビネーションは次第に充実

【プラス材料】
 直近のルヴァン杯・名古屋戦ではFW長沢駿のハットトリックを含む4得点と大量得点を挙げて勝利した。相変わらず、メンバーを替えずにチームの熟成を目指すG大阪に対して相手は多くのメンバーを入れ替えて臨んだことから、レヴィー・クルピ監督は「評価は難しい」。それでも「その中でしっかり4得点を取って勝利を収めたのは選手たちの気持ちの上でも今後に非常に大きな影響が出るだろう」と話し、リーグ戦につながる試合であったことを強調した。

 事実、試合を重ねるごとにコンビネーションに充実が見られることや、新加入のMFマテウスが日本のサッカーに慣れてきたこと、またその名古屋戦では、長く戦列を離れていたMF藤本淳吾が後半から待望の戦列復帰を果たしたのはプラス材料。あとはそれらをリーグ戦の勝利につなげるだけだ。

【マイナス材料】
 リーグ前節のFC東京戦で故障したDF藤春廣輝を始め、DF今野泰幸は今節も欠場が濃厚か。マテウスの加入で中盤にやや落ち着きが出たものの、試合の流れに応じてカードを切るための“選手層”には相変わらず不安を残す。

 直近のルヴァン杯・名古屋戦では大量リードを奪った後半、MF遠藤保仁を温存したが支柱を失ったチームは相手の攻撃にさらされる時間が増えたのは事実。MF市丸瑞希も離脱している今、「新加入のマテウスをコントロールしつつ攻守に存在感を示せるボランチ」に不安を残しているのは正直なところだろう。

 また今季の公式戦では一度も完封がない守備面にも不安を残す。今節の相手、神戸はFWルーカス・ポドルスキが巧みにポジションを変えながら気の利いたプレーで攻撃を組み立てている。彼に翻弄されなければいいが…。

文:totoONE編集部

■ヴィッセル神戸 カップ戦の勝利がチーム力の底上げにつながるか

【プラス材料】
 4日のルヴァン杯・湘南戦に3-0で快勝し、Dグループ首位をキープした神戸。ユース上がりのMF佐々木大樹がプロ初ゴールを決め、FWウェリントンが移籍加入後初ゴール、さらにFW渡邉千真も決めるなど選手層の厚さ見せつけた。FWルーカス・ポドルスキを温存しながらの勝ち点3は、今節のG大阪戦にもつながる試合だったと言える。

 試合後、吉田孝行監督は「メンバーをガラっと替えた中、3-0で勝てたことは評価できるし良かった」とコメント。そういう意味では、左利きの長身センターバック、DF宮大樹がJデビュー戦を完封勝利で飾ったことは、今後に向けて大きな収穫となるだろう。また、タイ代表の左サイドバック、DFティーラトンもこの試合で躍動。DF橋本和の心強いバックアッパーになりそうだ。

【マイナス材料】
 リーグ前々節のC大阪戦は快勝したものの、FIFA国際マッチウィーク開けの前節・柏戦は敗戦。試合内容は悪くないが、現時点で1勝2分2敗で13位と思うような結果を残せていない。C大阪戦後にFW大槻周平が「結果が出ると自分たちのやってきたことが間違っていなかったという自信になる」と話していたが、逆に結果が出ないとなかなかチームに勢いが出ない。それが現状だ。

 直近のルヴァン杯・湘南戦は無失点だったものの、リーグ戦での課題は守備。5試合で8失点はやや多め。逆に攻撃では5試合で7ゴールと結果は出ているだけに、もったいない。ポゼッションサッカーへ移行する過渡期とはいえ、もう少しリスクマネジメントが必要かもしれない。

文:totoONE編集部

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る