FOLLOW US

松本DF星原健太、群馬へ期限付き移籍「試合に出るために決断」

ザスパクサツ群馬に星原健太が加入

 松本山雅FCに所属するDF星原健太が、ザスパクサツ群馬へ期限付き移籍で加入することが決まった。22日に両クラブが発表した。移籍期間は2018年3月21日から2019年1月31日までで、背番号は「29」。

 星原は1988年生まれの29歳。ガンバ大阪の下部組織出身で、2007年にトップチームに昇格した。2012年には水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経験し、2013年にG大阪へ復帰した後、2014年からはギラヴァンツ北九州でプレー。昨季から松本に所属しているが、公式戦出場は1試合にとどまっていた。

 期限付き移籍にあたり、星原は松本に対して以下のようにコメントしている。

「チームが連戦で忙しいなか突然ではありますが、群馬に期限付き移籍することになりました。練習場などで温かく応援していただいた皆さんにはとても感謝しています。アルウィンのピッチに立つことができず、あの熱い応援を受けてプレーできなかったことが心残りですが、自分が試合に出るために群馬に行くことを決断しました。山雅のことは常に気にしていますし、J1昇格を応援しています」

 そして加入する群馬には以下のようにメッセージを寄せている。

「はじめまして、松本山雅FCから加入しました、星原健太です。試合に出場して、ザスパクサツ群馬のJ2復帰という目標の力になれたらと思います。応援してもらえるに、全力でプレーします。よろしくお願いします!」

 なお契約により、星原は松本と対戦する公式戦には出場することができない。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA