FOLLOW US

GK2人が負傷離脱の緊急事態…熊本、岡山の似鳥康太を期限付きで獲得

ロアッソ熊本が岡山GK似鳥康太を期限付き移籍で獲得した

 ファジアーノ岡山に所属するGK似鳥康太が、ロアッソ熊本へ期限付き移籍で加入することが決まった。19日に両クラブが発表した。移籍期間は2018年3月20日から2019年1月31日まで。

 似鳥は1996年生まれの21歳。JFAアカデミー福島出身で、2015年に岡山へ加入した。同年から2016年4月までは岡山ネクストでプレーし、JFLで通算10試合に出場。4月からは横浜FCへ期限付き移籍で加入し、2017年に岡山に復帰した。

 期限付き移籍にあたり、似鳥は岡山に対して以下のようにコメントしている。

「熊本に期限付き移籍することになりましたが、成長するために精一杯頑張ってきます」

 そして加入する熊本には以下のようにメッセージを寄せている。

「初めまして、ファジアーノ岡山から加入することになりました似鳥康太です。自分が持っているものを練習から最大限に表現し、チームの力になれるように頑張ります。熊本の皆さん、よろしくお願いします」

 熊本は今月16日にGK野村政孝が右ひざ外側半月板損傷で約4カ月の加療、そして19日にはGK内山圭が左ひざ後十字じん帯損傷で約3カ月の加療を要すると診断されたことを発表。トップチームに登録されたGKの4選手中2名が離脱する緊急事態となっていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO