FOLLOW US

横浜FMが選手全員で必勝祈願…新キャプテン・中澤佑二「誰よりも頑張る上司に」

総持寺を訪れた横浜F・マリノスの選手たち [写真]=Y.F.M

 横浜F・マリノスが12日、横浜市内にある総持寺で必勝祈願を行った。

 近年は選手を代表してキャプテンや選手会会長のみが参加していたが、今年は約10年ぶりに全選手が参加。さらにアンジェ・ポステコグルー新監督を始め、古川宏一郎代表取締役社長、コーチングスタッフら総勢50名が三宝殿で今季の躍進を祈願した。

横浜F・マリノス

総勢50名で必勝祈願 [写真]=Y.F.M

 今季の新キャプテンに任命されたDF中澤佑二は先頭を切って三宝殿に現れ、古川社長の右隣りに着席。神妙な面持ちで臨むと、「チームの必勝祈願には久しぶりに来たけど、若い選手は来たことがないと思うし、なかなかこんな機会はないので、若い子には非常にいい機会だったと思う。やったことがある選手も『今年も始まったな』という強い決意が改めて固まったんじゃないかな」とチームメートの気持ちを代弁した。

中澤佑二

神妙な面持ちで臨んだ中澤佑二(中央) [写真]=Y.F.M

 元日に天皇杯決勝を戦ったチームは、新監督を迎えて沖縄・石垣島での1次キャンプ、宮崎での2次キャンプを終えたばかり。「監督が望んでいることとか、求めていることに対して100パーセントでトライしているけど、まだまだ時間が足りない」と不安を覗かせつつも、「もう少し時間を掛けながら、今年のF・マリノスのチームカラーを出していければと思う。開幕までのあと2週間でどんなふうに新しいサッカーを見せられるかが大事になってくる。コンディションを含めて、最大でできるだけのことをやる必要があるかな」と新チームへの思いを口にした。

 今年はプロ20年目の節目の年。一般企業で言えば、社会人20年目は部下が付く頃。それに例えて、「誰よりも頑張っている上司が必要だと思う。『あいつ張り切ってんなあ』っていう、そういう上司がいれば若い子たちも『俺も頑張らなきゃ』と思うと思うので、そういう選手として一年間頑張っていきたい」と中澤らしい表現で意気込みを語った。

中澤佑二

今季キャプテンを務める中澤佑二 [写真]=Y.F.M

「何がキャプテンかは分からないけど、自分らしくいきたいというのは(これまでと)変わらずですね」

 奇しくも、40歳を迎える2月25日は元日に苦杯を喫した相手、セレッソ大阪との開幕戦。年を重ねるごとに進化を遂げてきた中澤が、今季も“自分らしく”新生F・マリノスを牽引する。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA