2018.02.10

川崎の新旧得点王が2季ぶり共演…主将・小林、大久保との2トップは「やりやすい」

小林悠
今季も川崎の主将を務める小林悠 [写真]=瀬藤尚美
サッカーキング編集部

 昨季は自己最多の23得点を記録し、得点王に輝いた川崎フロンターレのエースは「孤立」していた。



 10日に行われたFUJI XEROX SUPER CUP 2018。J1王者の川崎は昨季2冠のセレッソ大阪に2-3で競り負け、今季初タイトルを逃してしまった。今季も引き続き主将を務める小林悠は1トップのポジションで先発出場。しかしながら、立ち上がりから川崎らしい連動した攻撃の形が作り出せない。その理由の一つは“ピッチ”にあったという。

「ピッチに水を撒いていなかったので、ボールが走らなかった。慎重になってしまった部分もあったと思う」

 そんなピッチ状態もあってか、川崎本来の力を発揮することができず、山口蛍に先制点を奪われた。前半はエドゥアルド・ネットと森谷賢太郎のダブルボランチが高い位置でプレーすることができなかったことに加え、家長昭博と阿部浩之の両サイドアタッカーも大きな見せ場はなし。前半の内容について小林は「ほとんどボールを触ることができなかった。だからといって、下がるのも違うし。やりずらかった」と振り返る。

 川崎は後半開始から推進力が持ち味の大島僚太、そして帰ってきた大久保嘉人を投入。2枚替えで打開を図った。結果的に後半は小林と大久保の“新旧得点王”がそれぞれゴールを決めたが、2失点を喫し惜しくも敗戦。しかしながら、後半は「前に人数をかけることができた」ことによって、着実な改善は見て取れた。

「前半は完全に1トップで孤立する場面も多かったんですが、後半になるとだいぶやりやすくなって、チャンスも増えたと思います」

 2018シーズン最初の公式戦は黒星となったものの、本当の戦いはまだまだこれから。「コンディションが上がってくれば、勢いはもっと増すと思います。そんなネガティブに捉えることはないし、(来週控える)AFCチャンピオンズリーグの前に1試合できたことは良かった」と小林は前を向いた。

取材・文=三島大輔

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る