FOLLOW US

北九州退団の石神直哉、JFLのFCマルヤス岡崎加入「全力でプレーを」

北九州との契約満了を発表されていた石神直哉がFCマルヤス岡崎へ

 ギラヴァンツ北九州との契約満了が発表されていたDF石神直哉が、JFLのFCマルヤス岡崎へ完全移籍加入することが決まった。両クラブが2月2日に発表した。

 石神は1985年生まれの32歳。神奈川大学出身で、2007年に鹿島アントラーズへ加入した。2009年にセレッソ大阪へ期限付き移籍で加入すると、同年のJ2で50試合に出場。翌2010年に完全移籍へ移行し、2011年には湘南ベルマーレへ移籍した。2012年には大分トリニータ、2013年には東京ヴェルディへの期限付き移籍を経験し、2014年からはV・ファーレン長崎でプレー。そして2016年からギラヴァンツ北九州に所属していた。

 昨季は明治安田生命J3リーグで7試合の出場にとどまった石神。昨年11月22日に契約満了が発表されていた。なお同選手はキャリア通算で、J1で28試合出場1得点、J2で200試合出場11得点、J3で7試合出場を記録している。

 移籍先決定にあたり、石神は北九州の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「FCマルヤス岡崎に移籍することになりました。2年間、本当にありがとうございました。北九州市で初めて生活することになった日から、たくさんの方々に親切にして頂き、また助けて頂きました。なかなか結果が出ない中、いつも応援して下さったサポーターの皆様のことは決して忘れません。そして、満員のミクニワールドスタジアムでプレー出来たことは最高の思い出です」

「私は北九州からは離れてしまいますが、ギラヴァンツ北九州がJ2に復帰し、J1昇格の夢を叶えられることを願っています!!」

 またFCマルヤス岡崎加入にあたり、石神は「この度、ギラヴァンツ北九州から移籍してきました石神直哉です。FCマルヤス岡崎のために全力でプレーをしたいと思います」とコメントしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO