FOLLOW US

湘南が広島退団のミキッチを獲得「自分の経験を伝えることができれば」

湘南がミキッチの獲得を発表している [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 湘南ベルマーレは29日、今季までサンフレッチェ広島に所属していたMFミキッチの獲得を発表した。

 現在37歳のミキッチはディナモ・ザグレブ(クロアチア)、カイザースラウテルン(ドイツ)などでのプレーを経て、2009年に広島に加入した。すぐに右サイドのレギュラーに定着し、加入1年目から25試合に出場。2012年、2013年、2015年には広島のJ1制覇にも大きく貢献した。9年間の在籍は広島の外国籍選手史上最長となっていたが、11月13日に今季限りでの広島退団が発表されていた。

 ミキッチは湘南加入に際し、同クラブの公式HPにてコメントを発表。ファン・サポーターに挨拶している。

「このたび、湘南ベルマーレに加入することとなりましたミハエル・ミキッチです。伝統あるクラブでプレーする機会を与えていただき、とてもうれしく思います。プレーする場所を探していたなか、貴重なチャンスをいただいたからには、全力でチームのために戦うつもりです。まずはJ1残留を目指して、曺監督のもとで鍛え上げられた若いチームに、自分の経験を伝えることができればと思っています。湘南のサポーターの皆さま、これから応援をよろしくお願いいたします」

 また、同選手は広島のクラブ公式HPにもコメントを発表。ファン・サポーターにメッセージを寄せている。

「これまで支えてくれたファン・サポーターの皆さま、そして、コーチングスタッフをはじめとしたサンフレッチェの関係者の皆さまに改めて感謝いたします。私には、まだプレーできる自信があります。必要としてくれた湘南ベルマーレで、全力を尽くしてプレーしたいと思いますので、これからも応援をよろしくお願いいたします」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO