FOLLOW US

大宮の長谷川アーリアジャスール、名古屋へ完全移籍「全てを懸けて戦う」

今シーズン、MF長谷川はJ1リーグで16試合に出場していた [写真]=Getty Images

 名古屋グランパスが、大宮アルディージャに所属するMF長谷川アーリアジャスールを完全移籍で獲得することを発表した。27日付でクラブの公式サイトが伝えている。

 長谷川は1988年生まれの現在29歳。横浜F・マリノスの下部組織出身で、2007年にトップチームに昇格を果たす。その後はFC東京、セレッソ大阪、スペイン2部のレアル・サラゴサ、湘南ベルマーレを経て、2017年に大宮に加入している。今シーズンは、明治安田生命J1リーグで16試合に出場していた。

 長谷川は完全移籍に際し、名古屋の公式サイトで以下のように抱負をコメントしている。

「はじめまして。このたび名古屋グランパスに加入することになりました、長谷川アーリアジャスールです。皆さんに早く認めてもらえるよう、グランパスの勝利のために自分の全てを懸けて戦います。ぜひスタジアムでお会いしましょう」

 加えて、同選手は去ることになった大宮にもメッセージを残した。

大宮アルディージャのファン・サポーターの皆さま、発表の通り名古屋グランパスに移籍することになりました。一年という短い期間でしたが、期待に全く応えられず非常に申し訳ない気持ちです。それでも最後まで応援していただいたこと、本当に感謝しています」

「今回の移籍に関しては、すごく悩みました。降格という責任も感じている中、プロサッカー選手として色々と考えた結果、新たに勝負したい、チャレンジしたいと思い、決断しました。この気持ちを胸に次のチームでしっかりプレーし、より一層頑張っていきたいと思います。一年間、本当にありがとうございました」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO