FOLLOW US

横浜FC退団の大久保哲哉、群馬加入決定「一年でも長く現役生活を」

大久保哲哉の群馬加入が決定 [写真]=Getty Images

 横浜FCとの契約満了が発表されたFW大久保哲哉が、ザスパクサツ群馬へ完全移籍で加入することが決まった。25日に両クラブが発表した。

 大久保は1980年生まれの37歳。2003年に横浜FCへ加入し、2005年からは佐川急便東京でのプレーを経験。2006年にJFL得点王とベストイレブンに輝き、翌2007年に柏レイソルへ完全移籍で加入した。以後はアビスパ福岡とモンテディオ山形でのプレーを経て、2012年に横浜FCへ復帰。2014年には栃木SCへの期限付き移籍も経験した。今季は明治安田生命J2リーグ全42試合中22試合に出場して5ゴールを挙げたが、11月29日に契約満了が発表されていた。

 移籍先決定にあたり、大久保は横浜FCの公式HPにて以下のようにコメントしている。

横浜FCでの合計7年間、本当にありがとうございました。個人的に思い入れのある横浜FCを離れるのは非常に残念ですが、自分のサッカー人生が終わるわけではないので、前を向いて、毎日練習で背中を見てきたカズさんに見習って、一年でも長く現役生活を送れるように日々頑張っていきたいと思います。大変お世話になりました。横浜FCに関係されている全ての方々に感謝します。本当にありがとうございました」

 加入にあたり、大久保は群馬の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「来シーズン、ザスパクサツ群馬でプレーさせていただくことになりました大久保哲哉です。ジャンボとぜひ呼んでください。今まで経験してきたもの全てを出して、群馬のJ2昇格のために頑張ります。応援よろしくお願いします」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO