FOLLOW US

仙台、川崎からDF板倉滉を期限付き移籍で獲得…U-20W杯に出場

U-20W杯にも出場した板倉滉 [写真]=J.LEAGUE

 ベガルタ仙台は22日、川崎フロンターレからU-20日本代表DF板倉滉を期限付き移籍で獲得したことを発表した。

 1997年生まれで現在20歳の板倉は、川崎フロンターレの下部組織出身。2015年にトップチーム昇格を果たし、翌年8月に明治安田生命J1リーグデビュー。U-18から各年代の日本代表に名を連ねてきた板倉はAFC U-19選手権で初優勝に貢献。翌年のFIFA U-20ワールドカップ 韓国にも出場した。しかし、クラブのトップチームでは昇格から4年間で公式戦通算21試合、今シーズンは通算12試合と出場機会に恵まれず、期限付き移籍で仙台に加入する流れとなった。

 なお、期限付き移籍期間は2018年2月1日から2019年1月31日まで。契約により、期間中は川崎と対戦するすべての公式戦に出場できないこととなっている。

 板倉は期限付き移籍にあたり、公式サイトで以下のようにコメントしている。

「小学校の頃から11年間お世話になったフロンターレを離れること、フロンターレじゃないチームのユニフォームを着ることにすごく悩み迷いましたが自分のこれからのためだと思い決断しました。素晴らしいチームメイト、スタッフ、サポーターの方々と一緒に戦えないのは寂しいですが、仙台で活躍して個人としてもう一段階レベルアップしてまた一緒に戦えるよう頑張りたいと思います。ありがとうございました」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO