FOLLOW US

C大阪、関口訓充が契約満了で退団「皆さんと歩んできた3年間は財産」

2015年からC大阪でプレーした関口訓充 [写真]=Getty Images for DAZN

 セレッソ大阪は19日、MF関口訓充との契約満了に伴い、来季の契約を締結しないことが決まったと発表した。

 関口は1985年生まれの31歳。帝京高校からベガルタ仙台に加入し、浦和レッズを経て2015年にC大阪へ移籍した。今季は明治安田生命J1リーグで18試合に出場した。JリーグYBCルヴァンカップでは8試合に出場して初優勝に貢献している。

 キャリア通算ではJ1で129試合出場6ゴール、J2で247試合出場20ゴール、天皇杯で28試合出場1ゴール、JリーグYBCルヴァンカップで29試合出場2ゴール、AFCチャンピオンズリーグで6試合出場1ゴールを記録している。

 契約満了にあたり、関口は以下のようにコメントしている。

「セレッソでの3年間、いつも応援していただき本当にありがとうございました!!セレッソにきてから『J1に上がった時に優勝争いできるようなチームに!』と言ってきて、1年目はJ1昇格プレーオフに負けてしまい、2年目は昇格、そして3年目でリーグの優勝争いとルヴァン杯での優勝…そして天皇杯でも現在ベスト4と、まだタイトル獲得の可能性を残しています!」

「3年間が常に楽しかったわけではなかったですが、楽しい時や悲しい時や嬉しい時、そしてケガをしてサッカーできない時…セレッソ大阪のサポーターの皆さんと歩んできた3年間は僕にとってたくさんの財産になりました!!本当にありがとうございました!この世界は出会いがあれば別れもある。サッカー人としてまだまだ頑張っていきますので、またピッチで会えることを楽しみに僕自身頑張っていきたいと思います」

「チームは来シーズンACLでアジアの舞台でも戦います。良い時ばかりじゃないと思いますが、選手の背中を押し続けてあげてもらいたいな、と思います!本当に3年間ありがとうございました。最後は笑顔でまた会いましょう^ – ^」 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO