2017.12.01

【神戸vs清水プレビュー】神戸は渡邉千真の得点感覚に期待…清水は勝利で残留を確定させたい

現在15位の清水は神戸に敗れればJ2降格の可能性も。必勝態勢でアウェイでの勝ち点3奪取を目指す [写真]=J.LEAGUE
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■ヴィッセル神戸 2試合連続ゴール中の渡邉千真はチームをけん引できるか

【プラス材料】
 リーグ前節のC大阪戦は1-3で逆転負けを喫したが、試合後にポドルスキが「最初の20分まではすごく良くて自分たちのサッカーができていた」と振り返ったように、神戸らしいプレッシングサッカーができていた。特に2トップの一角に入った大槻周平やサイドハーフの渡邉千真、小川慶治朗の献身的なディフェンスも機能し、ショートカウンターでチャンスを広げた。

 リーグ2連敗中ではあるが、渡邊の2試合連続ゴールは大きなプラス材料だ。前々節の広島戦では三原雅俊のスルーパスからエリア内に侵入してゴール。前節のC大阪戦では藤田直之のロングスローを渡部博文がフリックし、それを冷静に流し込んだ。トップから2列目に戻り、本来の得点感覚も戻ってきている。

【マイナス材料】
 前々節の広島戦では渡邊のゴールで同点に追いついたが、再び逆転ゴールを許して敗戦。前節のC大阪戦は渡邊が先制点を奪うも3失点を許して2連敗。今節の清水戦次第では二桁順位に落ちる可能性も出てきた。

 攻撃では渡邊が2試合連続ゴールを挙げているが、チームとしては2試合とも1点しか奪えず。追加点が奪えないことで相手に流れを引き戻される傾向がある。C大阪戦では同点弾を許してから一気にメンタルダウンする悪い部分が出た。

 守備ではGKキム・スンギュの欠場が痛い。徳重健太の能力は高いが、守備範囲などがキムと違う点も多く、CB渡部や岩波拓也らとの細かい守備のバランスがなかなか整わない印象。DFラインが下がり過ぎるのも、このあたりが原因か。

文:totoONE編集部

■清水エスパルス リーグ前節は敗戦も複数得点を奪取…残留に向けて好材料か

【プラス材料】
 リーグ前節の新潟戦は2-3と逆転負けを喫したとはいえ、5試合連続無得点だったなかで2点を取れたことは収穫だった。前半の内容は非常に良く、3点目も取れそうな場面があったため「ああいうサッカーをすれば点を取れるということが、みんな分かったと思う」と、先発復帰した鄭大世も語る。まだ自力で残留を決めるチャンスがあるため、選手たちは非常に意欲的に話し合い、練習でも一丸となって良い雰囲気でやれている。前節、後半に失速したことに関しても修正は可能だろう。

 戦力面では、前節の後半に息切れしたものの、鄭のコンディションは確実に上がっている。鄭自身が点を取らなくても、彼が起点やオトリになることで他の選手が点を取りやすくなることも確認できた。前節欠場した河井陽介も練習に復帰しており、90分とはいかなくても出場できる可能性がある。

【マイナス材料】
 前節で鎌田翔雅が右膝を傷め、出場停止明けの白崎凌兵が体調不良で11月30日の練習を休んだ。白崎は出場できる可能性もあるが、前節欠場した枝村匠馬や村田和哉も含めて、大詰めになって離脱者が増えているのは痛い。また前節では、流れが悪くなるとチーム全体に焦りが出て、やるべきサッカーができなくなってしまうという問題を露呈し、それが2点のリードを守り切れずに逆転負けにつながった。残留争いのプレッシャーの中でメンタル面の修正は簡単ではないが、今節は残るか落ちるか全てがかかった大勝負。そこでチームとしてタフなメンタルを発揮できるかが気になるところだ。

 神戸はポドルスキやハーフナー・マイクなど前線のタレントが強力で、個人対個人の勝負に持ち込まれると苦しくなるので、そこも不安要素の1つとなる。

文:totoONE編集部

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
31pt
山口
28pt
町田
26pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
20pt
沼津
20pt
C大23
19pt
Jリーグ順位をもっと見る