2017.12.01

【川崎vs大宮プレビュー】逆転勝利を狙う川崎は小林悠の一撃が不可欠…J2降格の大宮は開き直りがいい方向に出る可能性も

逆転優勝を狙う川崎はここまで20得点のキャプテン小林悠の活躍が不可欠。大宮とは開幕戦で対戦し2-0で勝利している [写真]=J.LEAGUE
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■川崎フロンターレ 32失点はリーグで3番目に少なく、守備も磐石

【プラス材料】
 逆転優勝の可能性は残ったが、勝ち点3のみ求められる状況には変わらない。

 勝利には得点が必要だが、そのためには決めるべき人が決めることだ。決めるべき人とは、やはり小林悠だろう。リーグ前節の浦和戦でも決勝弾を挙げて、今季の得点数を20の大台に乗せた。「今日は自分が決めることしか考えていなかった」とは試合後の言葉だが、「今は自分に集中している」と語るキャプテンの一撃にはやはり期待したい。

 32失点は現在リーグで3番目に少ない数字だ。ここ2試合は無失点勝利を収めており、守備でも磐石の戦いを見せている。

 ラストゲームに向けたさらなる好材料は、出場停止もなく、ベストメンバーで臨めることだろう。今季リーグでは11勝4分1敗と絶対的な強さを誇るホームの等々力陸上競技場で行う一戦である状況も心強い。

【マイナス材料】
 11月29日に浦和とのナイトゲームを終えたばかり。中2日で臨むデーゲームということで、1週間のインターバルがある相手と比べると、コンディション面の難しさは当然あるだろう。

 そのため、選手たちの意識は、対戦相手である大宮のことよりも、自分たちの回復に努めることに向かっている印象だ。右足を痛めているGKチョン・ソンリョンも含めて、レギュラー陣は満身創痍だが、気力で乗り切る一戦となる。

「我々のサッカーというものにはほど遠いものになってしまったが……」とは、浦和戦後の鬼木監督の言葉。ここ2試合は1-0での辛勝が続いており、特に前節の浦和戦は内容的にも厳しい試合となった。このラストゲームで、シーズンの集大成となる内容を見せることができるかどうか。勝ち点3の奪取はその一点にかかっている。

文:いしかわごう

■大宮アルディージャ 最後に無様な姿は見せられないという意地はプラス材料

【プラス材料】
 リーグ前節、甲府と0-0で引き分けてJ2降格が決定した。最終節の川崎戦は精神的なプレッシャーが軽くなるため、開き直りがいい方向に出る可能性はある。実際、練習では気持ちの入った声が飛び交っており、紅白戦ではポジションを巡る熾烈な争いも見られた。最後に無様な姿は見せられないという意地を、誰もが持っているはずだ。

 前節は出場停止だった大山啓輔と奥井諒が復帰する。そのため、ボランチはカウエ、茨田陽生、大山、金澤慎が出場に向けて火花を散らし、右サイドバックは奥井、岩上祐三、けがから復帰した渡部大輔の3人が、先発の座を争うことになりそうだ。けがで戦列を離れていた菊地光将もチーム練習に合流している。

 石井正忠監督となってからベンチ入りが続いているキム・ドンスが、U-23韓国代表候補に選出された。

【マイナス材料】
 前節の甲府戦はスコアレスドロー。2試合連続無得点に終わった。最終ラインからボールを回して主導権を握る時間帯もあったが、フィニッシュまで持ち込めない。前線で初めてコンビを組んだマルセロ・トスカーノ、マテウスも不発で、シュートの意識も感じられなかった。

 江坂任は甲府戦で惜しいヘディングがあったがネットは揺らせず、リーグ戦は11試合連続ノーゴール。試合後には「J2降格が決まり、自分の力不足を痛感している」と肩を落とした。

 チームもリーグ戦は11試合勝ちなしで、負のサイクルに陥っている。ミスを恐れて慎重になり、パスに逃げてシュートを打たない。勝負どころをつかめないまま時間が過ぎ、先制されると、それを跳ね返す力は残っていない。「負け癖がついている」と嘆く選手もいるほどで、ゴールの気配が一向に漂ってこない。

文:totoONE編集部

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る