FOLLOW US

甲府、土屋征夫が退団…8月に加入した京都もレンタル期間満了を発表

甲府退団が決まった土屋征夫 [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 ヴァンフォーレ甲府は29日、DF土屋征夫について契約満了に伴い来季は契約を継続しないと発表した。土屋は今年8月から京都サンガF.C.へ期限付き移籍していたが、同日に京都からも期限付き移籍期間の満了が発表されている。

 土屋は甲府のクラブ公式HPでコメントを発表。「5年間お世話になりました。京都へ移籍する前に、コメントをしましたが、改めてヴァンフォーレ甲府のサポーターを含めた、素晴らしい仲間と戦えた日々を誇りに思います。そして感謝しています。ありがとうございました」とファン・サポーターにメッセージを寄せた。

 また、京都のクラブ公式HPでも「短い間でしたが、たくさんの温かいご声援をありがとうございました。京都サンガF.C.でプレーさせていただいたこと、感謝しています。本当にこのチームには若くて良い選手が多いので、もっともっと上を見て頑張って欲しいと思います。ありがとうございました」とコメント。チームにエールを送っている。

 土屋は1974年生まれの43歳。田無工業高校卒業後にブラジルへ渡って3クラブでプレーし、1997年にヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ)へ加入した。1999年からはヴィッセル神戸でプレーし、2005年には柏レイソル、2006年には大宮アルディージャに所属。2007年に東京Vへ復帰し、甲府では2013年からプレーしていた。2017明治安田生命J1リーグでは第20節終了時点で出場機会がなく、8月より京都に期限付き移籍で加入。J2で6試合出場0得点の成績だった。通算では、J1で330試合出場15得点、J2で181試合出場13得点の成績を残している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA