2017.09.28

JFLの八戸、奈良、今治に2018シーズンのJ3ライセンス交付…武蔵野は2年連続で取得できず

岡田武史
FC今治のオーナーを務める岡田氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは28日、2018シーズンのJ3クラブライセンスの申請があったクラブ(J3入会を希望するクラブ)の判定結果を発表した。

 今回新たにライセンスを交付されたのは、日本フットボールリーグ(JFL)に所属するヴァンラーレ八戸FC、奈良クラブ、元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治の3クラブ。同じくJFLの東京武蔵野シティFCも申請していたが、ホームスタジアムの「武蔵野陸上競技場」が、J3クラブライセンス基準を満たさないため2年連続で不交付となった。

 J3クラブライセンスが交付された八戸、奈良、今治には、平均入場者数2,000人超、年間事業収入1.5億円以上等の基準が規定されており、今後11月に行われる理事会でJリーグ入会を承認され、JFLの競技成績で順位要件(JFLで4位以内、かつ百年構想クラブのうち上位2クラブ)を満たせば、J3リーグへの参加が認められることになる。

 JFLのセカンドステージで9試合を終え、八戸は年間通算で4位、今治が6位、奈良は9位につけている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
53pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る