FOLLOW US

ポドルスキが高橋陽一先生に直談判…「僕を使ってシーズン物を描くのはどうでしょう?」

オフィシャル月刊誌『ヴィッセルスマイル』で対談したポドルスキと高橋先生[写真]=吉田孝光

 ヴィッセル神戸が毎月発行するオフィシャル月刊誌『ヴィッセルスマイル』の最新号が7月29日から発売される。巻頭企画ではこの夏、ヴィッセル神戸に加入した元ドイツ代表FWルーカス ポドルスキと『キャプテン翼』の作者である高橋陽一先生のスペシャル対談が実現。フットボーラーと漫画家、立場こそ違えど「日本サッカーのために」という共通の思いを持つ2人が、『キャプテン翼』のことはもちろん、日本サッカーやJリーグ、そしてヴィッセル神戸について大いに語り合った。

 『キャプテン翼』の日向小次郎が描かれたレガースを実に10年以上にわたって着用しているというポドルスキ。そのことを高橋先生に伝えつつ「ゴールを決めたら、このレガースを足から抜いて掲げます(笑)」とゴールパフォーマンスを約束。高橋先生は「それはうれしいですね」と喜び、続けて「パフォーマンス以上にポドルスキ選手のゴールがとても楽しみです」と世界的ストライカーの活躍に期待を寄せた。

 また、ポドルスキは「僕を使ってシーズン物を描くのはどうでしょう?」と高橋先生に直談判。「僕のように海外から日本に来た選手がどんな活躍を見せるのか、という世界観を作品の中で表現するのも面白いのではないか」と真剣な眼差しで訴えかけた。その言葉を受けた高橋先生は、「もしかしたらそういうストーリーも、よりJリーグや日本のサッカーへの親近感を強めるきっかけになるかもしれません」と返答し、実現の可能性を否定しなかった。もしかしたら、この対談がきっかけで新しい作品が生まれることになるかもしれない。

 話題をサッカーに移し、「ヴィッセル神戸で成功を収めるためには何が必要か?」と問われたポドルスキは次のように決意を述べている。

「まずは僕自身が、これまでのキャリアにおいて積み上げてきたものをすべて出し切ることが前提ですが、ピッチでは僕一人でプレーするわけではないですからね。サッカーは、チームメイトと一緒に答えを出すものです。だからこそ、成功のカギを具体的に言葉にするのは難しいのですが、ただ一つ言えることは僕やヴィッセル神戸のチャレンジがすぐに今年の結果に結びつかなかったとしても、僕は変わらずにステップをのぼり続けるということです。そのためにもチームに影響を与えられる存在でありたいと思っています」

 ポドルスキの加入で大きな注目を集めるヴィッセル神戸。初タイトルを目指すチームは、J1リーグ再開戦となる7月29日の一戦で大宮アルディージャをホームで迎え撃つ。この試合でのデビューが期待されるポドルスキはゴールを決められるか。そしてレガースを掲げるゴールパフォーマンスを披露し公約を果たせるのか。ファンならずとも見逃せない一戦になる。

 なお、ポドルスキと高橋先生の対談が収録された『ヴィッセルスマイル』は、同日に試合が行われるノエビアスタジアム神戸のグッズショップや、神戸ハーバーランドのオフィシャルショップで販売され、楽天市場店( http://www.rakuten.co.jp/vissel/ )、サッカーキングショップ( http://shop.soccer-king.jp/ )でも29日の0時から購入可能となっている。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA