2017.06.28

【ライターコラムfrom福岡】中原貴之が411日ぶりに立ったピッチ…大ケガを乗り越え再び昇格の“立役者”へ

中原貴之
ファンは中原の復活に期待を寄せる [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
大学卒業後、雑誌編集者を経て2005年よりフリーランスとして活動中。九州を拠点にサッカーほか、陸上など幅広く取材。1児の母としても奮闘中。

 411日ぶりの公式戦だった。

「試合を楽しみたいという、思いが強かった」

 FW中原貴之。ベガルタ仙台から2015年にアビスパ福岡へ移籍し、そのシーズンは第3節にスターティングメンバー入りすると、ロングボールからシンプルに攻撃を組み立てる福岡のスタイルにおいて、ターゲットマンとして欠かせない存在になった。中原が先発するようになり、第4節から11戦無敗と勢いに乗った福岡は、最下位から5位へと浮上した。この年、福岡はJ1復帰を果たすが、間違いなく中原は、その立役者だった。

2015年は大きな得点源として昇格の立役者に [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 しかし翌年の2016年5月。トレーニング中に左ひざ前十字靭帯を損傷し、6月に手術を受けて以降、長期離脱を強いられた。中原にとって、J1という舞台で再挑戦するはずのシーズンだった。

「リハビリが6カ月間。正直、自分のパフォーマンスが以前、どうだったのかさえ思い出せなかった。ただ(復帰後は)試合に出られるという嬉しい気持ち、新鮮な気持ちで取り組めている」

 2016年5月8日ぶりの公式戦。今月21日に行われた天皇杯2回戦で、411日ぶりのピッチに立ったのだ。

 宮崎県代表の宮崎産業経営大学との一戦。開始3分で三島勇太の先制弾。25分には城後寿、56分には石津大介とゴールを重ねて福岡が3点リードしたものの、76分に1点を返され、流れは相手に傾いている時間帯だった。中原が出場したのは85分。「5分しかなかったけど、流れが悪かったので、落ち着かせられるように」と考えていた。

 しかし追加点を奪われ、3-2となった。そして試合はアディショナルタイムへ。そこで、好機が訪れた。左からのクロスに合わせて動き直した中原が、一瞬だけ相手DFのマークを外し、クロスボールの角度を変えて、ボールをゴールへと流し込んだ。

「ゼロで終わらせることが大事だったと思うけど、とにかく試合を楽しみたいと思ってピッチに立ち、得点できたことは嬉しい」

 そう話す中原は、1年前に比べて、上半身が一回り大きくなった印象だった。手術をし、歩くことさえままならない状態から、走り出し、ボールを蹴って、411日ぶりにピッチに立つまで……。苦しみ抜いた跡が、その身体の鎧となって表れたかのようだった。

 25日の明治安田生命J2リーグ第20節愛媛FC戦に、中原の姿はなかった。しかし今年も、昇格の“立役者”となることを、たくさんのファンが待ち望んでいる。

文=新甫條利子

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る