2017.06.04

浦和を下し8連勝の柏が首位キープ…新潟に大勝したC大阪が2位浮上/J1第14節

8連勝の柏が首位の座を守った [写真]=Getty Images for DAZN
サッカー総合情報サイト

 2017明治安田生命J1リーグ第14節が4日に各地で行われた。

 7連勝中の柏レイソルはホームに浦和レッズを迎えた。前半アディショナルタイムに中川寛斗がヘディングで得点をマークすると、最後まで浦和に得点を許さず、怒涛の8連勝を達成。首位の座をキープした。

 ガンバ大阪は敵地でジュビロ磐田と対戦。アダイウトンに先制点を許すと、川又堅碁に2得点を奪わる。G大阪の連勝は2でストップ。対する磐田は6試合ぶりの白星となった。

 3連勝中と好調のセレッソ大阪は柿谷曜一朗が先制PKを挙げると、ここからゴールラッシュが始まる。山下達也、山村和也、さらにソウザが直接FKを突き刺し、アルビレックス新潟に4-0と大勝した。順位も2位まで上げている。

 大岩剛新監督の鹿島アントラーズはレアンドロの2得点などで、サンフレッチェ広島に3-1で勝利。伊藤彰新監督の大宮アルディージャはサガン鳥栖と1-1のドローに終わっている。

 今節の結果は以下のとおり。

■J1第14節
▼4日
北海道コンサドーレ札幌 1-2 ヴィッセル神戸
清水エスパルス 0-2 FC東京
サンフレッチェ広島 1-3 鹿島アントラーズ
ベガルタ仙台 3-0 ヴァンフォーレ甲府
ジュビロ磐田 3-0 ガンバ大阪
セレッソ大阪 4-0 アルビレックス新潟
大宮アルディージャ 1-1 サガン鳥栖
横浜F・マリノス 2-0 川崎フロンターレ
柏レイソル 1-0 浦和レッズ

■J1順位表
1位 柏(勝ち点30/得失点差+9)
2位 C大阪(勝ち点28/得失点差+14)
3位 G大阪(勝ち点25/得失点差+14)
4位 FC東京(勝ち点24/得失点差+8)
5位 鹿島(勝ち点24/得失点差+2)
6位 浦和(勝ち点23/得失点差+17)
7位 横浜FM(勝ち点23/得失点差+4)
8位 神戸(勝ち点23/得失点差+3)
9位 川崎(勝ち点22/得失点差+6)
10位 仙台(勝ち点20/得失点差-7)
11位 磐田(勝ち点19/得失点差+3)
12位 鳥栖(勝ち点19/得失点差-1)
13位 清水(勝ち点14/得失点差-6)
14位 甲府(勝ち点14/得失点差-7)
15位 札幌(勝ち点12/得失点差-9)
16位 広島(勝ち点10/得失点差-10)
17位 大宮(勝ち点8/得失点差-19)
18位 新潟(勝ち点7/得失点差-21)

■J1第15節対戦カード(17、18日)
▼17日
18:30 鹿島 vs 札幌
19:00 川崎 vs 広島
19:00 甲府 vs 柏
19:00 新潟 vs 大宮
19:00 C大阪 vs 清水
19:00 神戸 vs G大阪
19:00 鳥栖 vs 仙台
▼18日
18:00 FC東京 vs 横浜FM
18:30 浦和 vs 磐田

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る