2017.05.18

Jリーグ、アジアでの放映拡大に前進…タイの「true vision」がバンコクで会見

タイ大手衛星ケーブルテレビ「true vision」がJリーグの放送を発表。会見にはJリーグホールディングス代表取締役社長の小西孝生氏、タイサッカー協会会長のソムヨット・プンパンムアン氏、タイ代表のチャナティップ・ソングラシン選手らが出席した
東南アジアを中心としたアジアサッカーの今を伝える情報サイト

 タイ大手衛星ケーブルテレビtrue visions(本社タイ)とJリーグは、2017年5月18日(木)タイ・バンコクで会見し、同年6月からTrue Sport HD2、True Sport HD3、True Sport6の3チャンネルにてJリーグ(J1・J2)を国内放送すると発表した。



 会見には、タイサッカー協会のソムヨット会長、Jリーグメディアプロモーションの小西社長、true visionsのKachornダイレクターの他、現在「タイのメッシ」として注目を集めており、J1コンサドーレ札幌への期限付き移籍を発表したチャナティップ選手も出席。タイにおけるJリーグの注目度の高さを伺わせた。

 冒頭挨拶として登壇したソムヨット会長はJリーグについて「アジアで最もメジャーで最も成功したリーグ」と話したうえで、そのJリーグに移籍した「タイ代表のMFであり、タイ人として初めてJリーグと移籍合意をしたジェイ(チャナティップ・ソングラシン選手のニックネーム)についてのサポートも忘れない」と、チャナティップ選手の日本での活躍に大きな期待を寄せていた。

 また、小西社長は会見の挨拶を全文タイ語で発表し、司会者に「通訳は必要ありませんね」と言わせるほどで、会場からはこの日一番の大きな拍手が起きた。

 true visionsでは『キング・オブ・サッカー King of Soccer』というコンセプトで、世界のメジャーリーグである英国プレミアリーグ、リーガエスパニョーラ、セリエAの他、UEFAチャンピョンズリーグ、ヨーロッパリーグやタイ国内のトップリーグであるトヨタタイリーグ(タイプレミアリーグ)などと同様な位置付けとしてJリーグを放映する。

 なお、視聴料金は既にパッケージ申込者は無料で視聴が可能だが、新規の場合は有料となる。299バーツ(約965円)から視聴可能で、毎週土曜日、日曜日の午後2時と午後5時にライブ中継を予定。

 true visionsのKachornダイレクターが「true visionsにとって大きなチャンスであり、タイサッカーの歴史にとって新たな1ページ」と表現し、ファン層の拡大に意欲をのぞかせているように、今後タイのサッカーファンには週末の楽しみが増えることになりそうだ。

アジアサッカー研究所/須見 智志

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
42pt
横浜FM
39pt
鹿島アントラーズ
37pt
Jリーグ順位をもっと見る
京都
43pt
柏レイソル
43pt
水戸
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
33pt
藤枝
31pt
北九州
30pt
Jリーグ順位をもっと見る