2017.05.06

呂比須ワグナー氏がJリーグで指揮? ブラジル2部クラブの監督を退任

呂比須ワグナー
Jリーグ行きが報じられた呂比須ワグナー氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 パラナ(ブラジル2部)が5日、監督を務めていた元日本代表FW呂比須ワグナー氏の退任を発表した。

 かつて柏レイソルやベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)などでプレーした呂比須氏は、2012年よりガンバ大阪の監督に就任することが内定していた。ところが、指導者資格の問題で監督就任が取り消しに。結局、カルロス・セホーン氏が監督に就任し、自身はヘッドコーチの座に就いた。だが、開幕後の不振によって同年3月末にセホーン氏とともに解任され、その後はブラジル国内の複数クラブで指揮を執っていた。

 パラナのクラブ公式ツイッターは、呂比須氏の退任の理由として「海外からオファーが届いた」ことを挙げている。これについて、ブラジルメディア『GazetaEsportiva』は「日本のサッカーチームからオファーがある」と報道。Jリーグクラブの指揮官就任を伝えている。具体的なクラブ名は明らかにされていない。

 一度は幻となった同氏のJリーグでの監督就任だが、今回は現実となるだろうか。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る