FOLLOW US

J3リーグが11日に開幕! レジェンドから期待の若手まで見どころ満載のリーグを楽しもう!

J3リーグは3月11日に開幕する [写真]=Getty Images

 明治安田生命J3リーグは16チームが参加し、3月11日に開幕する。昨季まではほとんどなかった全国中継が、今季はDAZN(ダゾーン)の配信により全試合で行われる予定だ。このカテゴリーが皆さんにとってより身近なものになっていくのだろう。

 JFLから新たに昇格したのがアスルクラロ沼津だ。J3は16年の鹿児島ユナイテッドFC、15年のレノファ山口と「昇格1年目」が2年連続で快進撃を起こしている。今季の沼津は大量14選手の補強を行なった。J2からの移籍5名を中心に、大卒1年目から4年目のまだ「もう一伸び」を期待できそうな顔ぶれが揃った。またJ3では別格の「レジェンド」が在籍しているのも沼津の特徴だ。15年の途中に沼津入りした元日本代表FW中山雅史(49歳)は未出場だが契約更新済。加えて元日本代表MFの伊東輝悦(42歳)が加入している。

中山雅史が所属するアスルクラロ沼津は今季からJ3に昇格した 写真=J.LEAGUE PHOTOS,

 ギラヴァンツ北九州はJ2からの自動降格。原田武男新監督を迎えて、新たなスタートを切った。15年のJ2では7位という快進撃を見せたチームでもあり、地力的には「J3離れ」したチームと言えよう。原一樹、風間宏希、小手川宏基、星原健太ら主力の移籍はあったが、一方で山形をJ1昇格に導いた守護神・山岸範之が新加入。DF福田俊介(前大宮)や、FW平井将生、MF中原秀人(いずれも前福岡)など、離脱を補う人材も確保できている。駅近、海辺の専用スタジアムとして話題になっているミクニワールドスタジアム北九州も、サッカーファンなら一度は足を運んでみたい会場だ。

 AC長野パルセイロは14年のJ3初年度から2位、3位、3位と常に上位へ食い込んでいる強豪。1試合平均の観客動員も15年、16年は4千人台後半を記録しており、経営規模も含めてJ2に昇格して然るべきクラブだ。鹿児島を躍進させた浅野哲也氏を新監督に迎え、13年のJFL制覇時の監督だった美濃部直彦氏もGMとして復帰。同タイプの選手を集め過ぎていた陣容が整理された一方、元日本代表MF明神智和、岩沼俊介といった実力者を獲得し、悲願の昇格に踏み出している。

 他には入れ替え戦でツエーゲン金沢に敗れて昇格を逃した栃木SC、J2経験のあるカターレ富山などが昇格候補として挙げられるだろう。ブラウブリッツ秋田、鹿児島ユナイテッドFC、SC相模原なども上位候補だが、18年のJ2ライセンス取得となるとスタジアム整備が間に合わない可能性が高い。

FC東京の久保建英は昨季J3デビューを果たした [写真]=Getty Images

 今季のJ3は新監督が多く、16チーム中9チームが新しい指揮官を迎えている。ガイナーレ鳥取の森岡隆三監督、ガンバ大阪U-23の宮本恒靖監督は2002年のワールドカップ日韓大会でCBのポジションを争った因縁の持ち主。いずれも育成年代でキャリアを積み、新たにJの舞台へ挑戦をすることになっている。

 FC東京、ガンバ大阪、セレッソ大阪のU-23チームも注目だ。昨季はFC東京の岡崎慎、G大阪の堂安律といったU-18組の台頭が目立った。FC東京は15歳の久保建英が昨季の終盤戦でJ3デビューを果たしており、今季は出場機会が増えるだろう。

文=大島和人

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA