2017.01.11

主力多数退団の横浜FM、長谷川亨社長が1年で退任…後任は古川氏

横浜FMが長谷川亨社長の退任が発表しました
サッカー総合情報サイト

 横浜F・マリノスは11日、臨時株主総会および取締役会によって決定した役員人事について発表した。

 クラブは同日、臨時株主総会および取締役会を開催。そこで、長谷川亨代表取締役社長が15日付で退任することが決定した。これに代わって、日産自動車株式会社の古川宏一郎氏が、新たに代表取締役社長に就任すると決まった。

 インドネシアやタイなどで社長を歴任した経験を持つ長谷川氏は、嘉悦朗氏の退任に伴い、2016年1月1日に横浜マリノス株式会社の代表取締役社長に就任。「改革・改善を加速させ、総力を上げてチームワークで果敢に勝利を狙いつつ、経営的にも安定させるべく 最善を尽くしていきたいと思います」と意気込んでいたが、1年で同職を退くこととなった。

 横浜FMは今冬の移籍市場で、元日本代表MF中村俊輔、GK榎本哲也、MF兵藤慎剛、ブラジル人DFファビオら主力選手が退団。一方でMF扇原貴宏、ポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラを獲得するなど、選手の入れ替えを積極的に進めた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る