2017.01.06

闘莉王、京都への完全移籍が決定!「全身全霊、自分の持てる力全てを懸けて闘う」

田中マルクス闘莉王
京都への加入が決まったDF田中マルクス闘莉王 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 昨季まで名古屋グランパスでプレーしていたDF田中マルクス闘莉王の京都サンガF.C.への完全移籍が決まった。6日に両クラブが発表している。

 現在35歳の闘莉王は、渋谷幕張高校卒業後、2001年にサンフレッチェ広島に加入した。2003年に水戸ホーリーホックに移籍し、2004年には浦和レッズに加入。2006年に浦和をクラブ初のJ1リーグ優勝へ導き、Jリーグ最優秀選手賞を受賞した。2010年に名古屋に移籍すると、同年のJ1リーグ制覇の立役者に。6シーズンに渡って名古屋でプレーしたが、2015年限りで一度は同クラブを退団していた。しかし昨年8月末、降格の危機にあった名古屋を救うべく、約8カ月ぶりに復帰。リーグ戦7試合にフル出場したものの、チームはJ2降格の憂き目に。闘莉王の退団も11月7日に発表されていた。通算成績はJ1で395試合出場75得点、J2で42試合出場10得点。また、日本代表としても活躍した同選手は国際Aマッチ通算43試合出場8得点の成績も残している。

 京都加入にあたって、闘莉王は同クラブの公式HPでコメントを発表。悲願のJ1昇格への貢献を誓った。

「2017シーズンから京都サンガF.C.でプレーすることになりました、田中マルクス闘莉王です。歴史あるすばらしいクラブでプレー出来ることは光栄であり、チームの一員となったからには京都サンガF.C.がJ1に昇格するため、全身全霊、自分の持てる力全てを懸けて闘っていきます。ファン、サポーターの皆さま、熱いご声援をよろしくお願いいたします」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る