2017.01.05

五輪代表GK櫛引政敏、清水から岡山へ期限付き移籍…鹿島へのレンタル満了

櫛引政敏
リオ五輪では1試合に出場したGK櫛引政敏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 清水エスパルスから鹿島アントラーズへ期限付き移籍で加入していたGK櫛引政敏が、ファジアーノ岡山へ期限付き移籍で加入することが決まった。移籍期間は2017年2月1日から2018年1月31日まで。5日に3クラブが発表した。

 櫛引は1993年生まれの23歳。青森山田高校出身で、2011年に清水へ加入した。2016シーズンは鹿島へ期限付き移籍で加入。同年夏のリオデジャネイロ・オリンピックの日本代表にも選出され、1試合に出場した。鹿島ではヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)3試合の出場にとどまった。

 期限付き移籍にあたり、櫛引は2016シーズンに所属した鹿島に対して以下のようにメッセージを寄せている。

「この一年は、これまでのサッカー人生において経験したことがないことで溢れていました。リオ五輪への出場、そしてリーグ優勝やクラブワールドカップ準優勝。このような経験をすればするほど、喜びの半面、ピッチで自分がゴールを守りたいという欲求は増すばかりでした。この貴重な経験を今後のサッカー人生に活かさなくてはいけないと思っています。一年間という短い期間でしたが、大変お世話になりました」

 そして所属元の清水には以下のようにコメントしている。

「まずは、J1復帰おめでとうございます。過去の例を見ても、1シーズンでのJ1復帰は簡単なことではなかったと思います。シーズン中はチームメイトの成長が外から見ていても分かりました。そんな中、自分もサッカー選手としてさらに成長するために、ファジアーノ岡山へ移籍することを決めました。清水エスパルスのファン、サポーターの皆さんから『櫛引、戻って来い!』と言っていただけるような選手になりたいと思いますので、これからも応援をお願いします」

 加入する岡山には「清水エスパルスから加入することとなった櫛引政敏です。昨年1年間は鹿島アントラーズに在籍していました。エスパルス、アントラーズで得た経験をファジアーノ岡山のJ1昇格という目標のために活かしたいと思っています。また、選手として更に成長できると信じて移籍を決断しました。ファン、サポーターの皆さんと一緒に戦って、少しでもチームの勝利に貢献したいと思いますので、温かい応援のほどよろしくお願いします」と、抱負を語っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る