FOLLOW US

大宮MF泉澤仁、G大阪への完全移籍が決定!「新たな地でチャレンジ」

G大阪への完全移籍加入が決まった大宮MF泉澤仁 [写真]=Getty Images

 大宮アルディージャに所属するMF泉澤仁が、ガンバ大阪へ完全移籍で加入することが決まった。5日に両クラブが発表している。

 泉澤は1991年生まれの25歳。2014年に阪南大学から大宮へ加入した。加入1年目から出場機会を掴み、3年目の2016シーズンは明治安田生命J1リーグで全34試合中30試合に出場して3ゴールを記録。ヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)では7試合出場、天皇杯では4試合出場3ゴールを記録した。

 移籍にあたり、泉澤は大宮の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「まず、ファン・サポーターの皆さまの前で挨拶することができず、文章での報告になってしまったことを申し訳なく思っています。このたび、大宮アルディージャを離れることになりました。大宮ではプロ生活をスタートさせることができ、降格、J2優勝・J1昇格、クラブ史上最高順位など、いろんな経験をさせていただきました。この3年間はかけがえのない時間ですし、ここでサッカーができたことは幸せで、誇りに思っています。ファン・サポーターの皆さまにはチャントも作っていただき、試合時の声援は本当に力になりました」

「大宮は、とても思い入れがある大切なクラブです。今回の決断に至るまで大変悩みました。しかし、いろんな選択肢がある中で、新たな地でチャレンジしてみようと決めました。天皇杯・決勝の舞台に皆さんを連れていけなかったことが心残りではありますが、いつかまた、成長した姿を皆さんに見せられるよう頑張ってきます! 3年間、ありがとうございました」

 加入するG大阪に対しては「ガンバ大阪の皆さん、はじめまして。このたび、ガンバ大阪に加入することになった泉澤仁です。1日でも早く、皆さんに認めていただけるように精いっぱい頑張ります。よろしくお願いします」とコメントしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO