FOLLOW US

名古屋、東京VからFW杉本が完全移籍で加入「覚悟をもって日々精進」

2016.12.29

下部組織から東京VでプレーしていたFW杉本 [写真]=Getty Images

 名古屋グランパスは29日、東京ヴェルディからFW杉本竜士が完全移籍で加入したことを発表した。

 杉本は1993年生まれの23歳。東京Vの下部組織出身で2011年に2種登録でJ2デビューを果たし、2012年からトップチームに昇格した。2013年7月から同シーズン終了まではFC町田ゼルビアに期限付き移籍をしていたが、2014年からは再び東京Vに復帰。今季J2で29試合に出場するなど、J2通算88試合8ゴールをマークしている。

 加入に際し杉本は、名古屋のクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「このたび、名古屋グランパスに移籍することとなりました杉本 竜士です。伝統ある名古屋グランパスでプレーできることを誇りに思います。そして、名古屋グランパスの選手である自覚とここで勝負する覚悟をもって日々精進します。J1昇格のために全力を尽くしますので、ファン・サポーターの皆さん熱い応援をよろしくお願いいたします」

 また、東京Vに対してもクラブ公式サイトを通じて以下のようにメッセージを送っている。

「この度、名古屋グランパスに移籍することに決めました。ヴェルディのサポーターの皆様には、本当に感謝の言葉しかありません。ヴェルディでの経験を糧にして、これからも頑張っていきます。本当にありがとうございました」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO