2016.12.25

4戦6発の久保建英が得点王!優勝はブラジルのフィゲレンセ/インターナショナルユース杯

久保建英
インターナショナルユースカップで得点王に輝いたFC東京U-18の久保建英 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2016Jリーグインターナショナルユースカップの順位決定戦が25日に行われ、大会の全日程が終了した。

 同大会は8チームが2組に分かれてグループリーグを戦い、各組で首位となったフィゲレンセ(ブラジル)と釜山アイパーク(韓国)が決勝戦で激突。フィゲレンセがPK戦までもつれた試合を制して優勝を果たした。

 また、グループリーグを2位で終えたFC東京U-18とサンフレッチェ広島ユースは3位の座をかけて対戦。FC東京U-18が小林幹の2ゴールや久保建英の4戦連続弾などで4-3と打ち合いを制し、3位を勝ち取った。

 なお、大会MVPにはフィゲレンセのマテウス・ソアレスが選出され、4試合で6ゴールを挙げた久保が大会得点王に輝いた。

■2016Jリーグインターナショナルユースカップ順位
1位 フィゲレンセ(ブラジル)
2位 釜山アイパーク(韓国)
3位 FC東京U-18
4位 サンフレッチェ広島ユース
5位 エストゥディアンテス(アルゼンチン)
6位 パースグローリー(オーストラリア)
7位 松本山雅FC U-18
8位 京都サンガF.C. U-18

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る