FOLLOW US

長友、36歳でJリーグMVPの中村憲剛に脱帽「凄すぎる。もう化け物やん。笑」

長友(左)が中村憲剛(右)を祝福し、脱帽 [写真]=Getty Images

 20日に開催された「2016 Jリーグアウォーズ」で、今季の年間最優秀選手賞に川崎フロンターレ所属のMF中村憲剛が選出された。史上最年長記録更新となる36歳での受賞を受け、インテルに所属する日本代表DF長友佑都がツイートを更新。「36歳でMVPって凄すぎる」と、脱帽している。

 長友は「中村憲剛さんJリーグ年間MVPおめでとうございます!」と祝福し、「36歳でMVPって凄すぎる。何食べて、どんなトレーニングしたらそうなれるんだろ。もう化け物やん。笑」と、最年長記録更新の中村に脱帽している様子。そして、「ただ最近MVPはベテランの選手ばかり。若手にも頑張ってもらいたいね」と、若手選手の奮起にも期待していた。

 中村は今季、明治安田生命J1リーグで31試合に出場して9ゴールを記録。チャンピオンシップ出場に大きく貢献した。リーグタイトル獲得は逃したが、個人として自身初の最優秀選手賞に輝いた。同クラブ所属の選手が同賞を受賞するのは初めて。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO