2016.12.04

“義務付けられた”リーグ優勝…鹿島・石井監督「やってきたことが報われた」

JリーグCS決勝で浦和を下し、優勝を喜ぶ石井監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 3日、明治安田生命 2016Jリーグチャンピオンシップ(CS)決勝の第2戦が埼玉スタジアム2002で行われ、第1戦を0-1で落としていた鹿島アントラーズが第2戦を2-1で勝利し、2009年以来となる年間王者に輝いた。

 開始7分にスローインから失点し、あとがなくなった鹿島だったが、これがタイトル獲得を義務付けられたクラブの底力なのか、「失点しても自分たちのやるべきことが変わらないことは分かっていました」と石井正忠監督。冷静に、かつ力強く反撃を開始する。

 そして40分、ケガで出場が危ぶまれていた金崎夢生が、遠藤康からのクロスを頭で押し込んだ。

「足の(ケガの)状態もあまり良くない中で点も取ったので、100パーセント戻っているとは言えないですけど、CSに向けて上がってきたんだと思います」と金崎を称えつつ、「同点に追い付けたことが良かった」と石井監督。さらに、このゴールによって「(浦和)レッズさんのほうが逆にプレッシャーが懸かって、後半に入ってからは前半と違って(レッズに)勢いがなくなってしまった。レッズさんの左サイドが少しバテてきているように見えたので、そこを徹底的に突くような形に変えました」とゲームプランを口にした。

 指揮官の思惑を実行するために投入されたのが、鈴木優磨だった。

「もう1点を奪いに行かなければいけない状況だったので、点を取るために出した」と送り出した鈴木が、結果としてPKを獲得し、そのPKを金崎が落ち着いて決めて劇的な逆転勝利に導いた。

「長い間、Jリーグのタイトルを取ることができていなかったので、今年はリーグのタイトルを取ることが義務付けられていました。それに対して、リーグタイトルを取れたことは価値のあることですし、これがまたチームが常に勝ち続けるポイントになってくれればいいのかなと思っています。また今回、クラブに新たなタイトルを積み重ねることができて、クラブ全体としてタイトル獲得に向けてやってきたことが報われたと思います」

 クラブ初となる日本人監督によるリーグチャンピオン。2009年以来となる年間王者の称号以上に、鹿島アントラーズにとっては大きな意味を持つタイトルになった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る