2016.11.13

名古屋退団の野田、別れの挨拶 復帰戦での初弾は「いつまでも心の中に」

野田隆之介
ファン感謝デーでスピーチを行う野田隆之介 [写真]=三浦誠
サッカー総合情報サイト

 名古屋グランパスは12日、ファン感謝デー「LOVE GRAMPUS Festa 2016」を豊田スタジアムにて開催した。

 名古屋は今シーズンの明治安田生命J1リーグを年間勝ち点16位で終え、クラブ史上初のJ2降格が決定。6日にボスコ・ジュロヴスキー監督、7日に元日本代表DF田中マルクス闘莉王、そして10日には9選手との契約満了を発表した。代表取締役社長を務めていた久米一正氏、代表取締役専務の中林尚夫氏も辞任することとなり、クラブは変革の時を迎えている。

 12日の同イベントでは、退団選手のセレモニーが実施された。契約満了となったのは闘莉王のほか、DF竹内彬、MF小川佳純、MFイ・スンヒ、MF明神智和、FW野田隆之介、GK西村弘司、MF森勇人、DF安田理大、FWグスタボの計10選手。各選手は壇上にてファン・サポーターにメッセージを伝えている。

 以下、野田のコメント。

「皆さん、こんにちは。野田隆之介です。僕は3年間、名古屋グランパスに在籍させてもらって、最初はケガから入り、自分の思うようなプレーだったり、サッカーができなかったんですが、1年10カ月経ってから復帰して、ゴールを決めました。あの瞬間は僕の心のなかにいつまでもあると思うので、あの瞬間を忘れずにこれからもやっていきたいと思います」

「1曲歌います!…今のは冗談です。悲しい別れではないと思うので、明るく。絶対に来年、名古屋グランパスはJ1に上がれるチームだと思うので、ここに来ている皆さんをはじめ、ファン・サポーターの皆さん、しっかり団結して来年も頑張ってください。名古屋グランパスのこれからの発展を願っています。ありがとうございました」

 野田は1988年生まれの28歳。2014年にサガン鳥栖から名古屋に加入した。だが、度重なる負傷に悩まされ、1年目は公式戦出場なし。2年目の2015年9月2日に行われたヤマザキナビスコカップ準々決勝第1戦のガンバ大阪戦で復帰を果たすと、同試合で移籍後初ゴールを決めた。また、今年8月27日に行われた明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第10節のFC東京戦では、ジュロヴスキー監督の初陣となる一戦でゴールを決めている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る