2016.11.08

「黙ったまま過ごせない…」 川崎FW大久保、ブログで移籍示唆「挑戦し続けたい」

大久保嘉人
ブログを更新して心境を明かした大久保嘉人 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 川崎フロンターレに所属するFW大久保嘉人が8日、自身のブログ(http://lineblog.me/yoshito13/)を更新。移籍の可能性を取り沙汰される中、自身の思いを明かした。

 大久保は「気持ち」と見出しを掲げ、「オレの性格的に、黙ったまま過ごすことができないので、こんなタイミングだけど、ちょっと話をさせてもらいます」と切り出した。

「フロンターレに来て4年、3年連続得点王を取ることができて、今年はタイトル争いもできている。プロサッカー選手として、とても充実した毎日を過ごせています」と、大久保は川崎でのプレーについて記しつつ、以下のように続けた。

「でも、その環境に甘えるというか、あぐらをかいて過ごすのは、オレらしくないし、今までも常に挑戦する気持ちを持ち続けてきたから、これからも挑戦し続けたい。自分でいろいろ道を作っていきたい。その気持ちが何より強くなりました」

「本当なら、天皇杯、チャンピオンシップが終わるまで、こういう話をせず、試合に集中したかったけど、何も言わずに過ごすほうが、チームのみんなにも迷惑をかけるし、オレ自身も集中できない。絶対にチャンピオンシップで勝ちたいから。そのために、クラブに相談して、このタイミングで、こんな話をすることを話し合って決めました」

「フロンターレでタイトルを取りたい。その気持ちは変わりません。何が何でも優勝したい。それがオレの今の気持ちです!」

 具体的な進路については言及していないものの、移籍の可能性が取り沙汰される中、新天地を求めることを示唆した大久保。明治安田生命Jリーグ・チャンピオンシップと天皇杯制覇に向けて、強い思いを持ってピッチに立つことを誓っている。

 現在34歳の大久保は2013年から川崎でプレーしている。加入1年目から3年連続でJ1リーグの得点王を獲得し、今シーズンも明治安田生命J1リーグで全34試合中33試合に出場して15ゴールを記録。4年連続の得点王獲得とはならなかったが、日本人選手トップタイの得点を挙げた。キャリア通算でJ1リーグ通算171ゴールと、歴代最多記録を保持している。

 今シーズンの明治安田生命J1リーグを年間勝ち点2位で終えた川崎は、チャンピオンシップ進出が決定。23日の準決勝で鹿島アントラーズをホームに迎える。また、12日に行われる天皇杯4回戦(ラウンド16)では浦和レッズと対戦することが決まっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る