FOLLOW US

【スペシャルインタビュー】 中村憲剛(川崎) 「フロンターレはもっと強くなる」/[第4回]「すべては自分たちの手の中にある」

 ここにきて吹き荒ぶ逆風は、まさに彼の人生を象徴しているのかもしれない。

 悲願の初タイトル獲得を目指す川崎フロンターレ。だが、明治安田生命J1リーグ1stステージは最後の最後で優勝を逃し、2ndステージも終盤に白星と黒星を繰り返して順位を落としてしまった。

 だが、そんな状況にも中村憲剛は決して歩みを止めない。自身をして「よくこんなに踏まれてもやっているな」と振り返るほど多難なサッカー人生を歩んできた彼にとって、いかなる状況でも諦めずに目標達成を目指すのは自分のスタイルだ。

 確実に成長を遂げてきた今シーズン、彼はどんな思いで戦ってきたのか、そしてチームの進化をどう見ているのだろうか。

 全4回にわたるロングインタビューで、今シーズンここまでの川崎フロンターレ中村憲剛の戦いを振り返る。

 最終回は中村憲剛が語るタイトル獲得への強い思い。「すべては自分たちの手の中にある」とした彼の真意、そして今シーズンのリーグ制覇がクラブにとって持つ意味とは。

[第1回]「残心」と「前に進んでいく力」
[第2回]「残心~その後~」
[第3回]「ただ勝つだけでは満足できない集団になってきた」
[第4回]「すべては自分たちの手の中にある」


浦和戦でしっかり勝ち切った後にホームの柏戦のような試合をしたことは、自分も含めてまだまだ


2ndステージも6勝1分けという素晴らしいスタートダッシュでした。そこからアウェイで鳥栖に敗れてリーグ戦の無敗記録が16でストップしましたが、続く浦和戦で前回のリベンジを達成します。あの勝利は大きかったのでは?

中村憲剛(以下、中村) 鳥栖戦で言い訳にならないくらいの負け方をしていたので、アウェイで浦和を直接叩いたのは自信になるし、ホームで負けたリベンジも果たせたのは若い選手たちも自信になると思いましたよ。試合に懸ける思いも強かったし、優勝するチームは連敗してはいけないというメンタリティもありました。絶対に球際でやらせない、最後はやられないっていうところで気持ちを見せた試合だったと思います。

だからこそ、続く柏戦を2-5と落としたことが悔しかったわけですよね。ミックスゾーンであれだけ強い口調で話す憲剛さんは久々に見ました。

中村 浦和でしっかり勝ち切った後にホームでああいう試合をしてしまうのは、自分も含めてまだまだってことです。そんな簡単じゃない。それに尽きると思います。

試合後、ピッチ内で選手たちを集めて熱く話していました。

中村 あの試合後に代表ウィークに入ってしまうから、あそこのタイミングしかないと思ったんです。あの柏戦でどうやったら負けるかがよく分かったと思うし、ここで下を向くのか、這い上がっていくのかは自分たち次第。やっぱり自分たちでやるしかないし、立て直すしかない。今まで勝ち点を取ってきたのも自分たちだし、一人ひとりがしっかりと突き詰めなければ、ああいう結果になってしまう。今までしっかり守るべきところで守ってくれていたし、攻めるほうも決めるときは決めて、お互いにカバーしながら勝ってきた。だから柏戦みたいな試合は二度と起こしちゃいけない。守れない、決められないじゃ、やっぱりどこにも勝てないと思います。

積み上げてきたものを再確認しての再出発が必要だったと。

中村 もちろん直さなければいけない部分もあるけど、チームとしての軸はブレなくていいと思う。自分たちがどれだけ危機感を持って残りの試合に臨めるかだと思うんです。浦和戦の直後にああいう試合をやってしまったことで、勝ち続けるのがホントに簡単じゃないこと、自分たちがもっともっとやらなければいけないってことを教えてもらったと思いました。

160802_083_k-arai

10回ミスをしても、1回成功すれば1点になる余裕はあるし、10回もミスするなんてありえない自信もある


そして中断期間明けのホーム福岡戦、前回対戦の悔しさを思うと、個人的にもいろいろな感情があったんじゃないですか?

中村 全然ないですよ。ないです(笑)。目の前の試合に勝つことしか考えてなかったですから。(1stステージのこともあって)試合の二日前からメディアの皆さんに「今日も乗り越えたね」、「良かったね。やっと試合に出れるね」って言われてきて、自分としてはそんなに気にしてなかったけど、変なプレッシャーを掛けられて逆に体調が悪くなったらどうしようかと思ってヒヤヒヤしてたくらい。とりあえず試合に出れて良かったし、勝てて良かったです。柏戦でみっともない負け方をしてしまって連敗はできないし、立ち上がりから相手の陣地でやろうとみんなで話をしていて。3点目を取った後のゲームマネジメントに課題は残りましたけど、この時期は勝ち点3を取ることが何より大事なので、とりあえず前に進めたとは思います。

リーグ戦が佳境に入ってきましたが、今シーズンここまでを振り返って、新しい自分は見つかりましたか?

中村 見つかったと思います。今までもボランチからトップ下へのコンバートは、シーズン中に何度かあったけど、後ろが伴った状態で、前で安心して仕事ができる環境はひょっとしたら初めてかもしれない。山本(真希/現ジェフユナイテッド千葉)とイナさん(稲本潤一/現コンサドーレ札幌)コンビ以来かな。あの時はあの時ですごく安心して前に出ていたけど、あの二人とはちょっと違うタイプ。僕はトップ下へ入ると(ボランチのポジションに)後ろ髪を引かれることが多かったんですし、今シーズンも最初は後ろが気になることはありましたけど、今はそれも減りました。

特に最近は決定的な仕事に絡む機会が増えてますよね。

中村 1stステージ最終節の大宮戦からトップ下とか左サイドに入ることが増えたんですけど、パフォーマンスはともかくとして、数字上の結果は出てます。ゴールもアシストも増えてるのは偶然じゃないと思うし、それだけ専念できているってことだと思います。10回ミスをしても、1回成功すれば1点になるっていう余裕はあるし、もちろん10回もミスするなんてありえないって自信もある。ゴールへの感覚をどれだけ研ぎ澄ませるかに集中できている感じはあります。

まさにチームとして勝負の夏を乗り越えて、実りの秋に向かおうとしているように見えます。

中村 この夏はケガ人が多くてかなり厳しい台所事情でした。僚太がリオデジャネイロ・オリンピックで抜けた時期もあったし、その中でみんなで歯を食いしばりながら質の向上を求めてきました。慣れていないポジションでプレーした選手もいたけど、能力の高さでカバーしてくれたし、その選手にとってはいい経験になっていると思います。最近はまた何人かケガ人が出ているけど、奈良ちゃんやエドゥが戻ってきたし、徐々にプレーできる選手も増えてきた。みんな揃った状態でコンディションを整えて戦えれば、フロンターレはもっと強くなる。またケガ人は出るかもしれないけど、それは仕方がない。それを極力減らしつつ、自分たちを高めていければ、間違いなくいい結果が出ると思います。


あとは自分たち次第


2ndステージは残り2試合。いよいよクライマックスです。最近は激しい展開の試合が増えてきました。その中で連敗をせず、しっかりと勝ち点を積み重ねています。終盤戦のポイントをどう考えていますか?

中村 すべては自分たちの手の中にあります。一つずつ積み上げてきたものを信じてやり続けるしかない。劇的な展開も最後まで諦めずに戦った結果だと思います。

明治安田生命Jリーグチャンピオンシップの出場権も獲得しました。大きな目標を視野に入れていると思います。

中村 やっぱり優勝したいです。今の状態で優勝できれば、「やっぱりこうだったから優勝できた」と言えると思うんですよ。自分たちの中ではっきりしたものもあるし。これで優勝できないと、それがボロボロと崩れかねない。もちろん残るものはあるけど、タイトルという形にできればこのチームは強くなっていくと思います。

川崎フロンターレが本当に強くなるための大事なシーズンになる。

中村 なると思います。クラブ創設20周年記念でもあって、周りから半端ないプレッシャーも期待も掛かってますし(笑)。先輩たちが積み重ねてきた歴史があって、新しいクラブハウスができて、スタジアムも大きくなって、もう言い訳できない状況になってきました。でも、それもまたいいと思うんです。これだけ素晴らしくて集中できる環境を作ってもらえたわけだから、あとは自分たち次第だと思います。

最後に一つだけ。ちょっと話が戻るんですけど、福岡戦で決めたゴール(シュートを打ったあと、こぼれ球をキープされた相手選手の後方から股下に左足を伸ばして得点)って「シュートを打った後も気を抜いちゃいけない」という証ですよね。

中村 そうですね。いつもだったら集中が切れちゃうところなんですけど、なぜかあのシーンは切れなかったんですよね。なんでだろう。

それって、まさに「心残り」じゃないほうの『残心』なんじゃないかと。

中村 まあ、そうかもしれないですね。もう、そこはうまいことやっといてください(笑)。

ありがとうございました。これからの戦いを楽しみにしています。

中村 今までと変わらず、とにかく目の前に一試合一試合に集中して頑張ります。

取材・構成=青山知雄
写真=新井賢一、Getty Images

第1回「残心」と「前に進んでいく力」
第2回「残心~その後~」
第3回「ただ勝つだけでは満足できない集団になってきた」

■Information■

【書籍情報】
『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』発売中

著書/飯尾篤史
発行・発売/株式会社 講談社
定価/1,500円(税別)
Jリーガー中村憲剛の生きざまを描いた人物ノンフィクション。
南アフリカ・ワールドカップで残した大きな悔いを、ブラジルの地で晴らしたい。そのために中村は「日本代表」と「川崎フロンターレ」、2つの車輪で前進しようとするのだが――。苦悩と歓喜の日々の先に待っていたのは、代表メンバーからの落選だった。
高い壁にぶつかり、それを乗り越えたと思ったら、今度は落とし穴に落っこちて、這い上がる。その繰り返しだった。それでも中村は、その経験をバネにして、未来を手繰り寄せてきた。
「だからね、未来は常に明るいんですよ」
挑戦と挫折を繰り返し、35歳を迎えた今なお「サッカーがうまくなりたい」と悪戦苦闘を続ける、プロアスリートの物語。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA