FOLLOW US

神戸に痛手、田中英雄が前十字靭帯損傷で今季絶望 田中雄大も戦線離脱

今季絶望となった神戸MF田中英雄 [写真]=Getty Images

 ヴィッセル神戸は5日、DF田中雄大とMF田中英雄の負傷を発表した。

 クラブによると、田中雄は27日に開催された2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第10節の浦和レッズ戦でケガ。加古川市内の病院にて検査を行った結果、左ハムストリングの肉離れと診断され、全治は受傷日から全治約8週間であるという。

 一方の田中英は、27日に行われた練習中に負傷。検査の結果、左ひざ前十字靭帯損傷と診断され、2日に手術を行ったという。なお、全治は約6カ月と見込まれており、今季中の戦列復帰が絶望的となった。

 田中雄は今季のリーグ戦で9試合に出場、田中英は13試合でプレーしていた。神戸は現在、セカンドステージで5位につけており、同1位の川崎フロンターレとは勝ち点3ポイント差である。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA