2016.08.29

名古屋復帰の闘莉王、残留を「一瞬も諦めない」 次節での出場を強調

闘莉王
名古屋への復帰が決定した闘莉王(写真は昨季) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 名古屋グランパスは28日、トヨタスポーツセンターにてクラブへの復帰が決定していた元日本代表DF田中マルクス闘莉王の加入記者会見を行った。クラブが同選手のコメントを伝えている。

 27日に開催された2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第10節のFC東京戦でも勝利を挙げられず、18戦未勝利となった名古屋。年間順位は降格圏の16位で、残留圏内の15位ヴァンフォーレ甲府とは勝ち点で7ポイント離れている。

 残留へ向けて厳しい状況に置かれるクラブへの復帰を決断した闘莉王は、「残留の可能性があるのなら、僕は一瞬も諦めません。名古屋グランパスを最後まで闘わせる、それが自分の役割です。全員で力を合わせ、そしてサポーターの皆さんにも全力で支えていただく。そのためのプレーをしたいと思います」と力強く語り、残りシーズンでの巻き返しを誓った。

 今年1月9日に退団が発表された闘莉王は、「しっかりと挨拶もできず仲間を残し名古屋を離れたことが心残りでした」と当時の心境を振り返った。その上で今回、「あまりにも急」なオファーを受け入れたことに関しては、「苦しんでいる仲間を見ていられません。自分が何かをしたい、何かができるはずだという気持ちで今はいっぱいです」と理由を明かした。

闘莉王は再び背番号「4」を着用してプレーする [写真]=Getty Images

闘莉王は再び背番号「4」を着用してプレーする [写真]=Getty Images

 6シーズンに渡って名古屋の守備を支えた闘莉王だが、現在のコンディションを不安視する見方もある。自身も、「体のコンディションやメンタルを9ヶ月間キープし続けることに最も苦労しました」と最近の様子を明かした。それでも、「もちろん100パーセントのコンディションではありませんが、試合に出場できる状況ではあります」とプレー可能な状況にあることを強調。戦う準備ができているとした。

 名古屋は次節、14位アルビレックス新潟と対戦する。闘莉王は、「残留を争う相手との直接対決となります。それが自分の復帰初戦になるとは、運が良いのか悪いのかわかりませんが、神様が与えてくれた試練だと思いますし、全力で闘います」と重要な一戦を見据えた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る