2016.08.19

【予想スタメン】激戦必至の首位攻防戦、川崎はミラーゲームで浦和撃破へ

サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第9節
8月20日 19:00 浦和レッズ vs 川崎フロンターレ(@埼玉スタジアム2002)

■浦和レッズ リーグ戦は10戦無敗、五輪帰りの遠藤は先発濃厚か

 ついに正念場がやってきた。2ndステージ、および年間順位を争う川崎との頂上対決になる。前節、川崎がサガン鳥栖に敗れたことで、浦和は2ndステージで川崎に勝ち点「3」差をつけて首位に立った。また、年間順位ではトップを走る川崎に対し、勝ち点「2」差に肉迫。この一戦に勝てば、2ndステージの覇権争いで圧倒的優位に立ち、年間順位でもついにフロントランナーに躍り出ることができる。逆に敗れるようなことになれば、2ndステージはともかく年間順位でトップに立つのはかなり厳しくなる。まさに「絶対に負けられない戦い」になる。

 現在の浦和は好調だ。無敗試合は10試合に伸び、9勝1分と勝ち点を荒稼ぎしている。また、興梠慎三と遠藤航がリオ五輪出場で不在になるヴァンフォーレ甲府、湘南ベルマーレ、名古屋グランパスとの3試合で目標に掲げていた勝ち点9を取ることにも成功。タイトルレースとしては理想的な状況で天王山に挑むことになる。

 また、残念ながらリオ五輪でグループステージ敗退となったことで、この試合から興梠と遠藤が試合に出られる。ただ、過密日程の試合を重圧の中で戦ってきたこと、地球の裏側からの移動による疲労の懸念はある。指揮官がどういう選択をするのか注目だ。もっとも、今の浦和は彼ら2人を欠いても十分戦えるだけの力がある。中でも武藤雄樹は3試合連続得点中と勢いに乗っていて、本人も強い自信をのぞかせる。

 気をつけなければいけないのは、軽率なボールロストやプレーをしないこと。結果的に勝利している試合でも、シンプルな攻撃を受けてピンチを招く場面がある。幸いにも、ここまで対戦してきた相手は総じてクオリティに問題があったため、事故は起きなかったが、川崎相手に同じことをすると後悔することになるだろう。(totoONE編集部)

■川崎フロンターレ 前節で無敗記録がストップ、サイドの攻防戦がカギを握る

 前節鳥栖戦ではリーグ戦17試合ぶりに敗戦を喫した。そして負けた後に迎える一戦が、年間2位浦和との直接対決。チーム内には自ずと緊張感が高まっている状態で、中村憲剛はこう評す。「(鳥栖に)負けたことで、より危機感がある。ピリッとした状態で練習をやれていたので、そのまま試合に持っていきたい」。

 もっとも、危機感が強まっている背景は、チームの厳しい台所事情も無関係ではないだろう。ブラジルから帰国して今週から合流予定だった大島僚太が、インフルエンザにより全体練習を欠場。出場の判断は前日のコンディションを確認してから下すことになる。他にも先発に定着していた橋本晃司の負傷離脱や、前節で退場処分を受けた三好康児の出場停止を含めて、風間八宏監督もメンバー編成には頭を悩ませている。今節も左サイドバックの車屋紳太郎が欠場濃厚。そのため、指揮官は布陣を3バックシステムに変更して臨む構えだ。

 となれば、カギを握るのは、この試合で出番が巡ってきた中野嘉大や森谷賢太郎の奮起だろう「今まで溜めていたエネルギーをしっかり出して、チームを上向きにしていきたい」と左サイドのドリブラー中野は話す。サイドの局面では一対一の勝負になりやすいだけに、ここで先手を取れれば試合を優位に進めることができるはずだ。昨年の浦和戦で2得点を挙げた森谷とともに、左サイドからの崩しには注目だ。

「絶対に負けられないし、勝って帰りたい」と井川祐輔は話す。勝てば年間優勝がグッと近づく、注目の一戦だ。(いしかわごう)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る