2016.07.10

降格圏内転落の名古屋に痛手…小川佳純が負傷、全治約4週間の離脱

小川佳純
9日の川崎戦で負傷した名古屋MF小川佳純 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 名古屋グランパスは10日、MF小川佳純が左大腿四頭筋筋挫傷および筋内血腫で全治約4週間と診断されたことを発表した。

 小川は9日に行われた明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第2節の川崎フロンターレ戦で負傷。同選手はフル出場したが、負傷が判明した。

 小川は1984年生まれの31歳。市立船橋高校、明治大学を経て2007年に名古屋へ加入した。以降は同クラブ一筋でプレーを続けている。今シーズンは明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第2節終了時点で全19試合中10試合に出場している。

 名古屋は明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第2節終了時点で4勝5分け10敗の勝ち点17、J2降格圏内の16位に転落した。10試合勝ちなしと苦しい状況が続く中、小川が離脱を強いられることとなった。次節は13日、鹿島アントラーズとのアウェーゲームに臨む。

この試合の他の記事


欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る