2016.06.10

【予想スタメン】エース復帰の柏、“速攻”で仙台攻略へ…カップ戦敗退のショックから立ち直れるか

今節から復帰が濃厚の柏FWディエゴ・オリヴェイラ(左)、スピードが武器のMF伊東純也(左) [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■柏レイソル ナビスコ杯はグループステージ敗退、苦戦する守備的チームに白星なるか

 勝てばグループステージ突破という好条件にあったにもかかわらず、サガン鳥栖と引き分けてナビスコ杯では5年連続のノックアウトステージ進出を逃した。タイトルを狙っていただけに、今回の敗退にショックを受けている選手もいることだろう。しかし、それを「リーグ戦に絞れる」とポジティブに捉え、切り替えて戦っていくしかない。

 ナビスコ杯第7節の鳥栖戦、またはリーグ戦第14節の横浜F・マリノス戦で見られたのは、相手に守備を固められると、攻撃の打開策に欠けて攻めあぐねてしまうシーン。今節の相手、仙台もまた堅守速攻のチーム。パスを回しているだけでは、堅守攻略に苦しむだろう。事実、3月のナビスコ杯ですでに柏は仙台と対戦しているが、攻めあぐねた挙句、仙台のカウンターを浴びて0-1で敗れている。ただ、先日の鳥栖戦を回避したディエゴ・オリヴェイラがスタメンに復帰するのは好材料である。

 当初、全治3週間で6月には復帰と見られていた山中亮輔のけがの状態が長引き、下平隆宏監督によれば復帰は2ndステージまで先延ばしになるとのこと。さらに輪湖直樹も今節の出場が微妙なため、サイドバックの人材不足に悩む。これによって中山雄太を左に置くと見られ、最終ラインにはセンターバックタイプの選手が4枚並び、GKにはU-23日本代表の遠征から戻った中村航輔が入ることで守備面は安定するはず。パスによる遅攻ではなく、ディエゴ・オリヴェイラ、伊東純也のスピードと突破力を生かした推進力のある攻撃が仙台攻略のカギを握りそうだ。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
4-4-2
GK
中村航輔
DF
鎌田次郎
中谷進之介
増嶋竜也
中山雄太
MF
伊東純也
栗澤僚一
秋野央樹
武富孝介
FW
中川寛斗
ディエゴ・オリヴェイラ

■ベガルタ仙台 今季初のリーグ戦3連勝を目指す今節は金久保が欠場か、3月のナビスコ杯では完封勝利

 リーグ戦第14節のアルビレックス新潟戦に勝利したことで、今季初めてリーグ戦で連勝することができた仙台。この勢いを持って柏にも勝利し、今季初の3連勝を目指す。

 しかし、勢いということで言えば、新潟戦後に開催された5日のナビスコ杯第7節の横浜FM戦で黒星を喫し、同大会の敗退が決まってしまった。チーム状況としては、「立て直し中」というところだ。この試合では、本番を前にして六反勇治と金久保順という主力選手が負傷離脱した。六反は今週の練習に復帰したが、金久保は復帰できていない。新潟戦では先制点となるスーパーゴールを決めた金久保が不在となれば、痛手と言える。

 また、新潟戦では豊富な運動量で相手を押し込んで勝利できたが、これからは暑い中での試合が予想される。運動量が低下しやすいこの時期の試合に早く適応できるかどうかも、大きなポイントだ。

 だが、新潟戦での勝利がチームに大きな自信を加えていることは間違いない。この試合では今季最多の4得点を挙げ、ここまで複数得点が少なかったチームにとっては一つのつっかえが取れた格好だ。

 また、今節の相手、柏とは3月27日のナビスコ杯第2節で対戦。その時もアウェー戦で、富田晋伍のゴールを守り切って勝利しただけに、良いイメージを持って戦いたいところだ。渡部博文、石川直樹、茂木駿佑といった元柏勢の活躍にも期待したい。(totoONE編集部)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
六反勇治
DF
大岩一貴
平岡康裕
渡部博文
石川直樹
MF
奥埜博亮
富田晋伍
三田啓貴
梁勇基
FW
野沢拓也
ハモン・ロペス

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る