2016.05.13

芸術的ボレー含む2ゴール…4月のJ1MVPは浦和FW李に、J2は山口MF庄司

李
4月度のJ1MVPには、浦和レッズのFW李忠成(中央)が選出された [写真]=清原茂樹
サッカー総合情報サイト

 Jリーグは13日、4月の「明治安田生命Jリーグ 月間MVP」受賞選手を発表した。

 J1は浦和レッズのFW李忠成が、J2はレノファ山口FCのMF庄司悦大が、4月の月間MVPに選ばれている。

 Jリーグ選考委員会はJ1月間MVPを受賞した李について「4月に行われた全5試合にフル出場し、2得点2アシストを記録。4月は第6節で3位に落ちるも、同選手は第7節の1得点、第8節の1アシストの活躍で首位への返り咲きに貢献。第9節には、一度は追いつかれるも李の見事なジャンピングボレーで再びチームを勢いづかせ、4-1の勝利に貢献した。また、攻撃だけでなく守備への貢献度も高く、チームの勝利のために献身的にプレー。印象的なゴールと攻守にわたってチームを支える活躍が高い評価を受けて4月度のMVPに輝いた」と評価した。

 また庄司については「パス数(508回)、前方パス数(185回)は4月度のJ2リーグ最多で、パスの成功率は1位、前方パス数も成功率は2位と、ゴールの供給源となるプレーで活躍。4月のみならず今シーズンは全試合にフル出場。精度の高いパスを繰り出す同選手はチームメイトからの信頼も厚く、山口の攻撃のリズムをつくる中盤の要となっている。

 山口は4月度に4勝1分けでJ2最多の勝ち点13を獲得し、第5節(3月)終了時点の13位から5位に浮上。J2初参戦のチームの戦術の柱となる中盤の要という役割をしっかりとこなし、勝利の源となる活躍をしていることが高い評価を受けた」と選考理由を伝えている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る