2016.05.06

【予想スタメン】不振が続くG大阪、好相性の新潟戦で浮上のきっかけをつかめるか

G大阪の遠藤はACLのグループステージ最終節を欠場した [写真]=Getty Images
サッカーくじtotoのNo.1ポータルサイト

■アルビレックス新潟 公式戦5試合勝ちなし、苦しい状況を総力で打破したい

 前節の鹿島アントラーズ戦は対策を立て、警戒していたクロスから2失点。センターバックの増田繁人がCKから高い打点のヘディングでJ1初ゴールを決めたものの、1点及ばず敗れた。反撃に転じたい5月は黒星スタートで、公式戦5試合未勝利に。チームは浮上のきっかけをつかめないままだ。

 上昇気流に乗れないチームの打撃となったのが、鹿島戦前にラファエル・シルバ、舞行龍ジェームズが筋肉系のトラブルに見舞われたことだ。吉田達磨監督によれば、舞行龍は前日練習で違和感を覚えて鹿島戦を回避。上位との連戦を踏まえ、大事を取った格好だ。

 しかし、ラファエル・シルバは重傷で、左ふくらはぎの肉離れで6週間の離脱となった。ここまでチーム最多の5得点を挙げているエースの不在を、いかに切り抜けるか。結果がなかなか出ない中での新チーム構築の途上で、攻撃陣再編という新たな問題に直面する。

 サンフレッチェ広島から期限付き移籍で加入した野津田岳人が、鹿島戦でリーグ戦初先発したことは光明となる。鋭いパスや仕掛けでリズムを変え、強烈なシュートを持つアタッカーにかかる、現状打破への期待は膨らむ一方だ。

 さらに鹿島戦では、コンディション不良で練習を離脱していた山崎亮平も復帰。総力を挙げてG大阪戦に臨む。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-5-1
GK
守田達弥
DF
酒井宣福
増田繁人
大野和成
コルテース
MF
小泉慶
野津田岳人
加藤大
レオ・シルバ
田中達也
FW
指宿洋史

■ガンバ大阪 新潟戦は2009年6月以降負けなしの好相性、攻撃陣の奮起に期待

 最終節を待たずしてACLのグループステージ敗退が決まったため、直近の同最終節、アウェーでのメルボルン・ビクトリー戦はこれまで控えに回ることが多かった選手を中心に試合に臨んだ。残念ながら、前半早々の2失点が響いて1-2で敗れたものの、「若い選手がこういうアジアの大会を経験できたのは良かった」と長谷川健太監督。若手の士気を高めるためにも、また実際に「使いたいと思う選手もいた(長谷川監督)」と収穫を得たという意味でも、実りの多い遠征になった。

 そのメルボルン戦から中4日で迎えるアウェーでの新潟戦。ACL敗退の悔しさを晴らすためにも、リーグ戦での奮起を期待したいところ。そのリーグ戦もここまで連勝はわずか一度と今ひとつ波に乗れていない感があるが、今季はアウェー戦4試合中、3試合で白星を飾っており、ホーム戦以上に勝率が良いことからも、“アウェー”戦に苦手意識はない。特に新潟戦に限ってみれば、リーグ戦でのアウェー戦は2009年以降負けなし。ホーム戦を入れても、同年6月の敗戦を最後に負けなしと相性が良い。

 唯一心配なのは、攻撃陣が安定した力を示せていないこと。前節、川崎フロンターレとの一戦も無得点に終わったが、守備が安定してきた中で、それでも勝ち切れない原因は攻撃の停滞に尽きる。そこをチームとしていかに乗り越えられるかも勝敗を分けるカギになりそうだ。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-4-2
GK
東口順昭
DF
初瀬亮
丹羽大輝
岩下敬輔
藤春廣輝
MF
阿部浩之
遠藤保仁
今野泰幸
倉田秋
FW
パトリック
宇佐美貴史

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る