FOLLOW US

巻き返しを誓うG大阪DF今野…ホームで苦戦続くも「まだまだこれから」

G大阪は川崎に0-1で敗れた

 ガンバ大阪は29日に行われた2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第9節で川崎フロンターレと対戦し、0-1で敗れた。

 前節、2試合ぶりの白星を挙げたG大阪は本拠地の市立吹田サッカースタジアムで連勝を狙ったが、30分にFW大久保嘉人に先制点を許すと、反撃のゴールを奪うことができずにこのままタイムアップを迎えた。

 試合後の取材に応じたDF今野泰幸は、「良くはなってきてるし、下向かずにやりたいなと思います」と述べると、「決まるか決まらないか。もちろんいろいろありますよ。決めるためにはどうしなきゃいけないのかって考えたら、ビルドアップの部分も大事ですし、ラストパスやその前も全部大事ですけど、今日はあと一歩のところまでいっていたので、決めるか決めないかです」と振り返り、チャンスを得点に結び付けられなかったことが敗因だと話した。

 今季のG大阪は前節終了時点で8位、この日の結果次第でさらに順位を落とす可能性もある。だが今野は、「うまく回るときはうまく回ります。なにかが狂っているんでしょう。でもずっと続けていけば合ってくると思うし、そこまで悲観する内容でもなかったと思います」と、内容的には悪くなかったと主張。

「入らない時はこんなもんですよ。僕らは工夫したし、最後はロングボール一辺倒になってしまったけど、90分間通していろいろ工夫してビルドアップしたし、攻撃も仕掛けたので、全てがダメだったわけじゃないので」とチームとして最後までゴールを目指した点を評価した。

 吹田スタジアムではこれで1勝1分け6敗と、大きく負け越しているG大阪。「ここまで勝てないのは頭に入っている」と話す今野は、「意識しないようにしてもどうしても(頭に)入ってきてしまうけど、まだまだこれから。少しずつだけど課題も修正できているし、これがバシッと決まれば連勝する力もあると思うので、これからです」と、今後の巻き返しを誓っている。

 G大阪は5月3日にAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第6節のメルボルン・ビクトリー戦に臨み、リーグ戦の次戦は5月8日の第11節でアルビレックス新潟とアウェーで対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO