2016.04.29

巻き返しを誓うG大阪DF今野…ホームで苦戦続くも「まだまだこれから」

G大阪は川崎に0-1で敗れた
サッカー総合情報サイト

 ガンバ大阪は29日に行われた2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第9節で川崎フロンターレと対戦し、0-1で敗れた。

 前節、2試合ぶりの白星を挙げたG大阪は本拠地の市立吹田サッカースタジアムで連勝を狙ったが、30分にFW大久保嘉人に先制点を許すと、反撃のゴールを奪うことができずにこのままタイムアップを迎えた。

 試合後の取材に応じたDF今野泰幸は、「良くはなってきてるし、下向かずにやりたいなと思います」と述べると、「決まるか決まらないか。もちろんいろいろありますよ。決めるためにはどうしなきゃいけないのかって考えたら、ビルドアップの部分も大事ですし、ラストパスやその前も全部大事ですけど、今日はあと一歩のところまでいっていたので、決めるか決めないかです」と振り返り、チャンスを得点に結び付けられなかったことが敗因だと話した。

 今季のG大阪は前節終了時点で8位、この日の結果次第でさらに順位を落とす可能性もある。だが今野は、「うまく回るときはうまく回ります。なにかが狂っているんでしょう。でもずっと続けていけば合ってくると思うし、そこまで悲観する内容でもなかったと思います」と、内容的には悪くなかったと主張。

「入らない時はこんなもんですよ。僕らは工夫したし、最後はロングボール一辺倒になってしまったけど、90分間通していろいろ工夫してビルドアップしたし、攻撃も仕掛けたので、全てがダメだったわけじゃないので」とチームとして最後までゴールを目指した点を評価した。

 吹田スタジアムではこれで1勝1分け6敗と、大きく負け越しているG大阪。「ここまで勝てないのは頭に入っている」と話す今野は、「意識しないようにしてもどうしても(頭に)入ってきてしまうけど、まだまだこれから。少しずつだけど課題も修正できているし、これがバシッと決まれば連勝する力もあると思うので、これからです」と、今後の巻き返しを誓っている。

 G大阪は5月3日にAFCチャンピオンズリーグ・グループステージ第6節のメルボルン・ビクトリー戦に臨み、リーグ戦の次戦は5月8日の第11節でアルビレックス新潟とアウェーで対戦する。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
山口
38pt
大分
37pt
町田
35pt
Jリーグ順位をもっと見る
鹿児島
27pt
沼津
24pt
鳥取
24pt
Jリーグ順位をもっと見る