FOLLOW US

鳥栖のU-23代表MF鎌田大地、左ひじ関節後方脱臼で全治2週間

20日の横浜FM戦で負傷交代を強いられた鎌田大地 [写真]=Getty Images

 サガン鳥栖は22日、MF鎌田大地が左肘関節後方脱臼で全治2週間と診断されたことを発表した。

 鎌田は20日に行われたヤマザキナビスコカップ・グループステージ第4節の横浜F・マリノス戦で負傷。先発出場していたが、開始11分での交代を余儀なくされた。

 鎌田は1996年生まれの19歳。東山高校出身で昨シーズンから鳥栖でプレーしている。プロ1年目の昨シーズンは明治安田生命J1リーグで21試合出場3ゴールを記録し、今シーズンはファーストステージ第7節終了時点(6試合消化)で全6試合に先発出場。ヤマザキナビスコカップ・グループステージでは第4節終了時点(3試合消化)で2試合に出場している。

 鎌田はU-23日本代表メンバーに名を連ね、3月のポルトガル遠征に招集。4月11日から13日にかけて行われた同代表候補トレーニングキャンプメンバーにも選出された。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA