FOLLOW US

柿谷が復帰後初ゴール…C大阪、敵地で水戸を下して開幕2連勝飾る

 2016明治安田生命J2リーグ第2節が6日に行われ、水戸ホーリーホックセレッソ大阪が対戦した。

 昨季19位と苦しいシーズンを送った水戸は、開幕節で京都サンガF.C.と対戦し、アウェーで勝ち点1を獲得した。ホーム初戦で初白星を目指す今節は、京都戦と同じ先発メンバーで臨む。一方、昨季プレーオフ決勝でアビスパ福岡と引き分け、年間順位の関係でJ1昇格を逃したC大阪は、開幕節で昇格組のFC町田ゼルビア相手に苦戦を強いられたものの、1-0で勝利し、白星スタートを切った。こちらも前節からメンバーの変更はなく、FW柿谷曜一朗らがスタメンに名を連ねている。

 ファーストシュートは水戸。開始4分、エリア手前右でボールを受けたロメロ・フランクがドリブルで中央に持ち運び左足で狙ったが、このシュートは枠の左に外れた。一方のC大阪は8分、エリア手前右で柿谷からスルーパスを受けたブルーノ・メネゲウがエリア内中央から右足でシュートを放ったが、ここは枠の右に逸れた。

 C大阪は18分、左サイドを突破した丸橋祐介がグラウンダーで折り返すと、エリア内中央に走り込んだ柿谷が右足ダイレクトで合わせる。しかし、シュートはDFにブロックされ、得点とはならない。

 前半アディショナルタイム1分、水戸はエリア内でパスを受けた三島康平がDFを背負いながら後方へ落とすと、走り込んだロメロ・フランクが右足ダイレクトで狙ったが、枠を捉えることができなかった。

 すると、この直後のプレーからC大阪が先制点を奪う。GKキム・ジンヒョンが素早く前線に蹴り出したゴールキックでDFラインの裏をとった柿谷がエリア内右まで持ち込み、GKとの1対1から右足インサイドでシュートを流し込んだ。柿谷の復帰後初ゴールが決まり、C大阪が1点をリードしてハーフタイムを迎える。

 早い時間に追いつきたい水戸は66分、佐藤和弘に代えて山村佑樹を投入。C大阪もブルーノ・メネゲウを下げて関口訓充をピッチに送り出した。

 交代直後にチャンスをつくったのはC大阪。69分、右サイドから関口が右足でクロスを入れると、流れたボールがファーサイドでフリーとなっていた杉本に渡る。杉本はワントラップから右足でシュートを放ったが、ここは大きく枠の上に蹴り上げてしまい、追加点とはならない。

 終盤に差し掛かると、攻勢を強める水戸が敵陣に押し込む展開となる。しかし決定的なチャンスを作り出すまではいたらず、試合は1-0のまま終了のホイッスルを迎えた。1点を守り切ったC大阪は開幕2連勝。一方、水戸は2戦未勝利となった。

 次節、水戸は13日に敵地でツエーゲン金沢と、C大阪は12日にホームでザスパクサツ群馬と対戦する。

【スコア】
水戸ホーリーホック 0-1 セレッソ大阪

【得点者】
0-1 45+1分 柿谷曜一朗セレッソ大阪


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO